FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


本誌 第108号の特集「体幹と股関節の連動(仮題)」に、ともない、㈱オンザフィールド様より、
「Swing Gym」の読者プレゼントを2名様にご提供いただきました。

p_swinggym.jpgこのSwing Gymは、上半身のストレングス、スタビリティー、バランスを強化するトレーニング器具で、オーストラリア公認理学療法士キャメロン・リリクラップにより開発されたものです。

使用方法も、バーやドアに簡単にセットアップするだけで、身体の傾斜角度の変化により自由に負荷が調整できます。

スリング(ロープ)にぶらさがった状態で上体のバランスを保ちながらエクササイズを行うため、上半身の筋力の強化だけでなく、肩や肩甲骨、体幹のスタビリティー(安定性)、モビリティー(可動性)、バランス機能も改善されるそうです。

詳しい応募方法は、第108号巻末の頁にてご案内させていただきますので、どしどしご応募下さい。
(田口久美子)
スポンサーサイト