FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


やっと一応の原稿をまとめ終えました。

今回の特集は、下記の方に登場していただきます(敬称略)。

大後茂雄・東京電力長距離・駅伝チーム強化部長兼コーチ
戸谷充孝・BodyAxisトレーナー
原田恵章選手

小笠原一生・国立スポーツ科学センター

磯あすか・フィジオ・センター、理学療法士

荒木秀夫・徳島大学

大後さんたちには、陸上長距離で起こっている股関節が“ぬける”という現象について、またその対応について、小笠原先生には、ACL損傷予防における体幹と股関節について、磯先生には、体幹と股関節の連動エクササイズについて、荒木先生には、コオーディネーションの視点から体幹と股関節について、それぞれ語っていただきます。

たいへん中身の濃い内容です。今から予約が入っていて、編集部も力が入ります。

なんとか予定どおり入稿できそう。楽しみにしていてください。あと少しです。(清家輝文)
スポンサーサイト



今月発売の108号の特集は「体幹と股関節―その関係と連動」と考えています。

大きく4つのパートに分かれますが、現在みなさん原稿量が多く、完全にはみ出しています。これを規定のページ数に納めなければいけない。もったいないくらいの内容なのですが、濃密にしてなんとか、完成させます。

月曜、つまり明後日朝入稿というスケジュール。精一杯頑張ります。余裕なしなので、今日はこれで。(清家輝文)