FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今日は、SKINS(TM)(スキンズ)の展示会に行ってきました。
国際フォーラムで行われ、SKINS(TM)を商品で扱う予定の
企業の方だけしか見ることができないという展示会だったのですが、
私も特別に参加させていただき初めての展示会だったので、
会場の中を興味津々で見て周りました。

スキンズ展示会

新作のSNOWロングスリーブトップや
CYCLEのロングタイツなどが展示されていたりして、
SKINSのアンダーウエアがたくさんありました。

SKINS(TM)はオーストラリアのAPA(オーストラリア理学治療協会)で
「コンプレッションアンダーウエア」として唯一承認を受けたメーカーです。
SKINS(TM)のトップやタイツなどのアンダーウエアは
通称「着るサプリメント」といわれ、24時間着ることができ、着ているだけで疲れがとれ、
むくまないという効果があります。
就寝時に着て寝ると体の疲れがとれ翌日には体が軽いという効果があります。

今回は、ロードレースで活躍している沖 美穂選手が駆けつけ、
SKINS(TM)のアンダーウエアについてトークをしてくださいました。
SKINS(TM)のアンダーウエアを着用したことにより、
体の疲れがとれたりしたことや、オーストラリアで販売されていたときに、
全種類、購入したことなどを語りました。
また、アスリートにとってはかかせないものだということも語っていました。

SKINS(TM)のアンダーウエアは手触りがすごくよかったです。
これ着て運動をしたら最高だと思い、ほしくなりました。
絶対買います。

最後にこのような展示会に参加できてよかったです。(林 麻弥)
スポンサーサイト