FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今日、黒焼きという最終校正を終了。データ入稿した結果が間違いなく出力されているかを確認するためのものなのだが、取材させていただいた先生から、追加修正が入った。

この段階なら、再度修正したデータを入稿することで対応できる。最後の最後まで気は抜けないということになる。

ということで、108号に関してはすべて終了しました。今月25日発売になります。

「体幹と股関節」の関係、連動については、多くの方が関心を寄せられているようで、すでに予約が入り、「楽しみにしています」というメッセージをいただいています。

どういう反響があるのか、楽しみでもあり、心配でもあるのですが、きっと参考にしていただけると思います。

やっとひと段落ですが、別の仕事もあり、次号の準備も進めなければいけません。

英気を養い、また次号頑張りましょう。(清家輝文)
スポンサーサイト