FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今日、黒焼きという最終校正を終了。データ入稿した結果が間違いなく出力されているかを確認するためのものなのだが、取材させていただいた先生から、追加修正が入った。

この段階なら、再度修正したデータを入稿することで対応できる。最後の最後まで気は抜けないということになる。

ということで、108号に関してはすべて終了しました。今月25日発売になります。

「体幹と股関節」の関係、連動については、多くの方が関心を寄せられているようで、すでに予約が入り、「楽しみにしています」というメッセージをいただいています。

どういう反響があるのか、楽しみでもあり、心配でもあるのですが、きっと参考にしていただけると思います。

やっとひと段落ですが、別の仕事もあり、次号の準備も進めなければいけません。

英気を養い、また次号頑張りましょう。(清家輝文)
スポンサーサイト