FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

次号から、「特集フォローアップ」という新企画を始める予定です。

この企画は、前号やその前の号であっても、特集内容について、追加やその後の話、感想、質問など、フォローしていくためのものです。

取材した方が、「これも付け加えたかった」とか「今度関連して、こういうことを始めます」と言ったことがあります。そういう部分をフォローしていこうという企画です。

特集内容へのご質問やご意見、感想なども掲載していきたいと考えていますので、ぜひ、右欄の「メール・フォーム」からお寄せください。匿名でもかまいませんので、よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト



本日、予定よりも1日早く、本誌第108号『体幹と股関節』が納品となりました。
ということで、定期購読していただいている方、予約注文をいただいている方には、本日、発送させていただきますので、お届け先地域にもよりますが、早い人では明日にはお手元に届くかと思います。
お楽しみに。
MSM108.jpgさて、今日、スポーツ新聞の見出しに、テニスのミキプルーン・チームが休部という記事が掲載されていました。
私もよく知らなかったのですが、テニス日本リーグ男子「ミキプルーン」というチームは、日本リーグ3連覇、通算6度の優勝をしている強豪チームのようです。
「優勝を最後に休部」とありましたが、強豪チームでも不況の波は容赦なく、驚きました。テニス関係者のコメントとして、「今回のことで連鎖反応がおきないように……」と心配の声がありましたが、さらにテニス日本リーグ女子の「荏原」が今季限りで休部するとのニュースも。
どの競技の関係者も他人事ではなく、日本のアマチュアスポーツ界が存続の危機にある状態で、2016年東京オリンピックの誘致は大丈夫なのでしょうか?……と、ちょっと心配になります。

実業団という日本独自のスポーツのあり方は、以前からいろいろと言われていることですが、東京オリンピック誘致をきっかけに、企業まかせにするのではなく、スポーツ現場の人たちも、スポーツ活動が成り立つ仕組みを考えていかなければいけない時期なのかもしれませんね。

そんな記事の側には、東洋大学の元ボクシング部の学生が、闇サイトに絡んで、覚せい剤約1キロを密輸し逮捕という衝撃的な見出しも……。

「やっぱり、スポーツやっている人はいいね」と言われるようになれば、協力してくれる人も自然と現れてくるのでしょう。こんな時代だからこそ、スポーツ選手は襟を正さなければと思うのです。
(田口久美子)
明日、25日、午後5時半から、東京工業大学すずかけ台キャンパス、すずかけホールで、「スポーツ講座2008」が開催されます。

陸上の朝原宣治さんをお招きし、私が聞き役を務めます。1時間お話を聞き、30分は会場のみなさんの質問に答えるという構成です。

参加無料ですので、ぜひお越しください。どなたでも参加できます。

一般的なこと、競技について、そして最後はライフスキルについてお聞きする予定です。(清家輝文)