FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
AMS.ProおよびAthlete societasからのお知らせ



他誌に広告を出稿すると、掲載誌が送られてきます。
そのなかの1冊が、『Coaching & Playing Volleyball』(バレーボールアンリミテッド)という雑誌ですが、今回の特集が『用品・用具』という内容です。CPV.jpg
そこに、学生時代にバレーボール部に所属していた私としては、大変衝撃的なことが書かれておりました。
『タチカラボール販売終了』とのことです。
詳細は、是非、雑誌を読んでいただければと思うのですが、バレーボールの老舗ボールメーカーの一つで、バレーボールをやっていた方なら、モルテン、ミカサ、タチカラとバレーボールにはお世話になった方が多いかと思います。

いろいろな事情があるのかと思いますが、なんとも寂しい話でした。

バレーボールの思い出としては、体育館で使用するイン用ボールと外の練習時に使用するクラリーノのボールというのがありました。
クラリーノのボールというのは、外で使って汚れても濡れたぞうきんで磨くときれいになるというボールで、当時は「ふーん、そういうものかぁ」というぐらいにしか思っていないかったので、詳細なことはよくわかりません。
一方、体育館で使用するボールは、当然、革のボールで、こちらは濡れたぞうきんで磨くなどもってのほかでした。

数十年も前の話ですので、今でも、外用のボールとか体育館用のボールなどの区別があるのかわかりませんが、私の現役の頃は、バレー部の部員数自体が多く、体育館の練習もバスケットボール部など他競技との兼ね合いもあり、毎日、体育館で練習ができる環境になかったことが、外用のボールとかイン用のボールといったものを使用していたのかもしれません。

いろいろとスポーツ業界も変わってきております。
「なくなる」とか「つぶれる」といった話ではなく、明るい話が多くきかれるようになってほしいものです。
(田口久美子)
スポンサーサイト