FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

土曜日に簡単にお知らせした「神奈川スポーツサミット2009」(主催・神奈川大学、後援・神奈川県、横浜市、川崎市、平塚市、(財)神奈川県体育協会、(財)横浜市体育協会)。

650人が参加し、盛況のうちに終わったサミットですが、最後のプログラムであるシンポジウム「神奈川の未来を語る~スポーツが担う地域形成。神奈川モデル構築へ~」は、多彩な顔ぶれで賑わった。
DSC_0132.jpg

写真、左から(株)横浜ベイスターズの佐々木邦昭代表取締役社長、(株)湘南ベルマーレの眞壁潔代表取締役社長、横浜市副市長の阿部守一氏、(株)テレビ神奈川営業本部営業局長の中村行宏氏、神奈川大学人間科学部教授の大竹弘和氏。

地元のプロチームと行政、メディア、大学といった領域から計5名のシンポジスト。

キーワードのひとつが「施設」で、佐々木社長も大リーグの施設使用料は日本の10分の1ということを考えて欲しいと語っていたが、都道府県第2位の人口をかかえる神奈川であっても、地元のチームを応援する人が多いわけではない。隣に東京があり、その影響が少なくないようだ。

このサミットは、「プロ、行政、産業、地域、大学の連携で神奈川のスポーツが変わる」と副題がつけられ、「連携」「ネットワーク」がキーになっていたが、このサミットを契機にどういう展開がみられるか楽しみである。

なお、このサミット、来年からも毎年1回開催される予定とのことである。このサミットに関する記事は次号109号に掲載します。(清家輝文)
スポンサーサイト



JCCAのセミナー掲載依頼が届きました。

5月16・17日(土・日) 2日間
■日本コアコンディショニング協会「スキルアップセミナーシリーズ」
 『シニアコアコンディショニング』

会場:東京体育館  9:30~16:30
内容:高齢者を対象にしている指導者のための
セミナー。コアコンディショニングに基づいた理論背景を
学び、高齢者が無理なく行えるエクササイズと
その指導法をマスターしていただきます。

受講料:31,500円(JCCA会員)
     37,800円(一般)
講師:副島さと子(JCCA理事)
お申込・お問合せ:日本コアコンディショニング協会 
℡052-324-5128 e-mail: toiawase@jcca-net.com
URL http://www.jcca-net.com

【お詫び】
5月17日(日)に予定しておりました、兵庫で開催の、
日常生活楽々コアコンディショニングは都合により中止となりました。
上記のセミナー内容を更に充実させ、5月16・17日(土・日)、
東京都体育館での開催に変更いたしましたので、ご案内申し上げます。