FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

次号109号から新企画「特集フォローアップ」を始めます。

特集で取材させていただいた人に、追加情報や、その後の反応、新たな話などをお寄せいただくというもの。読者のみなさまからのご質問やご意見などもお寄せいただければ掲載しますので、右欄の「メールフォーム」から送信してください。匿名ももちろん可です。

特集を組んだあと、いろいろな話が出てきます。もったいないほどいい話もあり、何かできないかと思っていたのですが、突然この企画を思いついたというわけです。

この企画を通じて、いろいろな先生方と読者のみなさまのコミュニケーションを一層図ることができればと考えています。よろしくお願いします。(清家輝文)

スポンサーサイト



現在、秩父宮記念スポーツ博物館で 開館50周年記念特別企画展として、『スポーツ あの頃といま』を開催中です。
国立競技場
1月6日(火)から始まったこの特別企画展も、いよいよ3月22日(日)で終了となります。

今回の企画展では、博物館、図書館の所蔵資料をもとに、スポーツ博物館の半世紀の歴史の原点をふりかえり、開館当時から東京オリンピックのあった1964年までという5年間と現代を対比させながら、この半世紀の変化を浮き彫りにしています。
さらに、期間中の来館者には、秩父宮殿下が遺されたスポーツに関する全エッセイをまとめた小冊子を無料で進呈しているとのことです。

会場/秩父宮記念スポーツ博物館(新宿区霞ヶ丘町10-2 国立競技場内)
開館時間/午前9時30分~午後4時30分(入館受付は午後4時まで)
休館日/毎月第2・第4火曜日
入館料/一般300円、高校生以下100円

詳細は、http://www.naash.go.jp/museにて、ご確認下さい。

(田口久美子)