FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

1月に膝の手術をしてから約2カ月が経った。
まだ筋力が戻っておらず、長時間歩くのは少々困難。
と言っても、まだ手元にある松葉杖を突くほどでもなく、杖くらいがいいかも! と思い立ち、先日、都内のデパートに杖を探しに行った。

デパートによって、婦人雑貨コーナーにあったり、紳士雑貨コーナーにあったり、健康・介護用品コーナーにあったりと、杖自体の売り場もデパートによってさまざまである。
たしかに、それまで杖など必要がないものと思っていたので、いざ、杖を買おうと思っても、どこの売り場に行けばいいのか、まずわからない。
私が行ったデパートで聞くと、健康・介護用品コーナーに置いてあるとのこと。

介護用品の奥に、傘売り場のようにたくさんの杖が並んでいた。
最近の杖は、婦人ものは柄も花柄やらレース模様やら、実にファッション性に富み、カラフルになっている。さらに、携帯ができるように4つ折になるものや、長さ調節ができるもの、従来のステッキ型のもの、さらに傘のとがった部分が杖のようになっている傘&杖機能のものなど、杖もいろいろな種類があり、見ているだけでも楽しい。

さて、店員さんに、杖を購入したい旨を伝えると、「プレゼントですか?」と聞かれた。
まぁ、そんなに高齢なわけではないから、まさか本人が使うとは思わなかったのだろう。
「私が……」と言うと、ちょっと驚いた様子だったが、杖購入までの経緯を話すと納得してくれた。

そこで、始まるのは杖の長さである。
身長÷2+3㎝が理想的な杖の長さとのこと。
この計算でいくと、私のベストサイズは86㎝となるが、女性は少しヒールのある靴を履くこともあるから、88㎝くらいまでが適応とのこと。
さっそく、該当する長さを考慮しつつ、デザイン、柄が気に入ったものを探していく。
婦人用で、デザインがきれいで、携帯できる4つ折タイプを探すも、長さがどれも短すぎる。
一番長いものでも85㎝くらいで、若干私には短い。
……で、長さを優先して選んでいくと、紳士物とか男女兼用の柄のないもの、あまりデザイン的に好みではないものしか残らない。

店員さんも少々困惑した様子で、「ご婦人用の杖は、高齢者を想定しているから、そんなに身長の高い人に合うサイズがないんですね。それでも以前は少しはあったのですが、売れないので今はメーカーが作っていないようです」とのこと。

健康・介護用品売り場にある杖だから、高齢者サイズしかないのではないか???と聞いてみても、どこの売り場も同じとのこと。
確かに、杖を使う年齢を考えれば、そう身長は高くないと判断されるのも仕方がない。

結局、考えあぐねた結果、紳士用の長さで、携帯はできないタイプだが、、「YAMAMOTO KANSAI」デザインという、少々渋めのデザインだが一番好みのデザインだったので、その場で長さに合わせてカットしてもらい、やっと購入することができた。

ハイキング用のスポーツタイプの杖や最近はやりのノルディック・ウォーク用の杖もいいかもしれないとも後から思ったが、また、その杖を専門店に購入しに行くには少々しんどいので、とりあえず、「YAMAMOTO KANSAI」をウォーキングの友としている。

からだをあずけられる分、松葉杖のほうが楽かもしれないが、杖もなかなか楽である。
膝への負担を考えると、中・高齢者にノルディック・ウォークが流行っているのも、うなずける。

まだ、完治していないから運動はあまりできないが、そのうち、ノルディック・ウォークで出勤することにしよう。
(田口久美子)
スポンサーサイト



本日午前中109号入稿予定なのだが、昨日先生から画像データが送られてきた。約50点あり、この処理に相当な時間がかかる。その具合によって、他のページの調整も必要になってくる。

ということで午前中はむずかしいが、本日中には入稿したいので、最後の頑張りといったところです。

今回の特集は、名古屋学院大学人間健康学部リハビリテーション学科の青木一治先生に長時間インタビューした内容を掲載します。腰痛がテーマですが、25年以上の臨床から豊富な症例をもとに語っていただきます。

期待していただいて間違いありません。あと少し、頑張りましょう。(清家輝文)