FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

このブログでの新企画、この4月からスタートできそうです。

月1回ですが、季節に合った料理のレシピを送っていただきます。

食べ物は「おいしい」のが一番。スポーツをする人も、メディカルサポートをする人も、指導する人も、季節に合ったおいしいものを食べてこそ、楽しく、また栄養にもなるというものです。

旬のものは安いし、おいしい。そういうメニューをレシピつき、イラストつきで連載していく予定です。詳細は間もなくお知らせします。

まさに「春一番」の企画です。お楽しみに!(清家輝文)
スポンサーサイト



本当は、昨日の午前中入稿予定だったが、送っていただいたパワーポイントのデータを再構成するのに時間がかかった。約50枚あった。

現在はスライドはみなさんパワーポイントで作成される。インターネットも同様だが、「画面」で見えるものをそのまま印刷することはできないことが多い。

単純に写真1枚ならそう手間はかからないが、そこに文字や図が描かれていると、一度分解し、新たに構成する作業が出てくる。印刷用のデータとはまた異なるからである。

インターネット上の写真はデータ量を軽くしてあるので、印刷すると粗くてとんでもないものになる。ネットから取ってくださいと言われることは多いが、そういう事情で使えない。

ということで、「午前中」を「夕方」に変更したが、それでも間に合わないということになり、朝一番に変更。結局深夜までかかった。

なんとか109号を入稿という朝である。

ふた晩ヤマが続いたので、疲労困憊。今日は午前中は、いろいろ片付け物をし、午後からは別の仕事に入る予定。年度末は息抜きができないですねえ。(清家輝文)