FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今週の日曜日(22日)に、第3回目となる「東京マラソン2009」が開催されます。
アクセスしていただいているみなさんのなかにも、「東京マラソンを走る!」という方がいらっしゃるかもしれませんね。走

さて、その東京マラソンの前にマラソンエキスポというのが開催されます。
国際的にはスタンダードとなりつつあるマラソンエキスポだそうですが、日本では東京マラソンを前に「東京マラソンEXPO2009」として開催します。

会期/3月19日(木)~21日(土)
時間/午前10時~午後8時(入場は午後7時30分まで)
会場/東京ビッグサイト 西1ホール・2ホール

スポーツ用品、マシン関係の展示のほか、いろいろなブースが出展しています。
そのほか、ステージプログラムもいろいろと催しが行われますので、ランナーも一般来場者の方も、ご興味のある方は、東京マラソンEXPO2009のHPをご覧下さい。


まずは、東京マラソンを走られるみなさん! 完走、記録、それぞれ、目標は違うかと思いますが、精一杯がんばってくださいね。

ケガをしないように、万全の準備を、お忘れなく 頑張るぞ。おーっ。(田口久美子)
スポンサーサイト



今日、黒焼き校正、色校正。特集で若干の修正があり、再度データを作成。なんとか無事終わりました。今回はかなりハードでしたが、思い起こせば、いつもこんな感じですね。特集で取材させていただいた青木先生にはたいへんお世話になりました。

写真は109号の表紙です。P1020012.jpg

今月から「特集フォローアップ」という企画を始めました。この109号の特集についてなにかあればぜひ、右欄のメールフォームからお寄せ下さい。ご質問については青木先生に回答していただく予定です。

かなり草臥れましたが、次の特集についてもすでに頭の中にはあります。お楽しみに!(清家輝文)