FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日は「アスリートのためのライフスキルプログラム研究会」のプログラム開発班の会議が東工大でありました。

写真は、東工大大岡山キャンパスの時計台。ケイタイのカメラはこの暗さだと自動的にフラッシュがたかれますが、それがどうにかならないかと思っていたところ、ふと、なんだフラッシュのところを塞げばいいだけと気がつき、指で塞いだのですが、少しは光がもれたようです。
P1020014.jpg


さて、この会議で、いろいろ検討中、あるときひらめきました。どうもプログラム開発の方向にイマイチ魅力がないように思っていたのですが、なぜそうなのかがだいたいわかりました。

これで方向ははっきりしたので、どんどん進行していくことでしょう。

この研究会とその成果については、本誌で連載中ですので、興味のある方はぜひお読みください。なお、109号の執筆者は村上貴聡先生です。(清家輝文)
スポンサーサイト