FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

明日から2日間、筑波大学春日キャンパスで日本養生学会第10回大会があり、明日は「ようせいフォーラム」として「立つ」を考える―東洋的身体技法と科学の対話が開催される。

10時45分から、キーノートスピーチとして、矢田部英正さんが「「立つ」を考える~科学と実践の対話にむけて」という演題で講演され、その後、学術講演(科学者の立場から「立つ」を考える)で、渡会公治、藤永博、木塚朝博の3先生が講演。また長屋和哉さんによる「スピリチャル打楽器コンサート」、青木宏之氏による新体道の演舞、そのほか達人達の「立つ」を測る、シンポジウム「「立つ」の実践と科学―実技と科学の対話―」など。23日は一般研究発表。

一般参加は1000円、学生も1000円、正会員は3000円。

大会事務局は、筑波大学体育科学系 B505遠藤研究室
Tel&Fax:029-853-6345
スポンサーサイト