FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今度の日曜日、 「スポーツ選手にとって重要な動きづくり~足部・足関節のバイオメカニクスとスポーツ傷害」というテーマで、スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会の平成20年度第2回講習会が開催されます。講師陣も豪華な顔ぶれ。ぜひご参加ください。

■開催要項
日時:平成21年3月29日(日) 10時~17時
会場:昭和大学保健医療学部 104視聴覚教室
交通:JR横浜線十日市場駅下車バス5分
東急田園都市線青葉台駅下車バス20分
参加費:会員5,000円 非会員7,000円
プログラム:
10:00~10:30 受付
10:30~12:00 「足部・足関節のバイオメカニクス~筋・腱複合体のダイナミクスに着目して~」
鹿屋体育大学学長 福永 哲夫 先生
12:00~13:00 昼休み
13:00~13:40 総会
13:40~15:10 「足部・足関節機能とスポーツ傷害~発症メカニズムと保存療法の考え方」
横浜掖済会病院整形外科 橋本 吉登 先生
15:20~16:50 「足関節捻挫の治療に関する最近のトピックス」
筑波大学附属病院整形外科 石井 朝夫 先生
なお、参加費は会員も一般の方も当日、受付でお支払い下さい。


問い合わせ先:昭和大学保健医療学部 加賀谷善教
TEL 045-985-6546
E-mail kagaya@nr.showa-u.ac.jp


スポンサーサイト



月刊フィットネス・ジャーナルを発行している(株)ハートフィールド・アソシエイツからパーソナルトレーナーを対象としたフリーマガジン「月刊エフ・ジェイ トレーナーズ」が創刊された。
P1020022.jpg

A4判で20ページだて。創刊号の特集は「パーソナルトレーナーの情報戦略」。

たしかに今フィットネスクラブなどではパーソナルトレーナーの活躍が目立つ。それを反映しての創刊なのだろう。興味のある方は上記サイトをご覧ください。(清家輝文)