FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


スポーツクリニック一覧にて紹介しております「八王子スポーツ整形外科・八王子関節鏡センター」より、データの修正のご連絡が届きましたので、あらためて以下に紹介します。

八王子スポーツ整形外科・八王子関節鏡センター

所在地/〒192-0085 八王子市中町5-1 八王子中町ビル4F〈JR八王子駅より徒歩約3分〉
TEL. 042-626-0308
FAX.042-626-0313

■スポーツに関係する診療窓口/スポーツ専門のクリニック

■対象科目/ スポーツ整形外科

■代表者名/間瀬泰克

■診察曜日/月・火・水・木・金曜日10:00~13:00、16:00~20:00
         土曜日10:00~13:00、15:00 ~18:00
         日・祝日休診

■初診受付/完全予約制(電話にて予約)

■担当医師の数(理学療法士、運動指導員も)/医師11名(常勤3名、非常勤8名)その他(看護師、理学療法士、レントゲン技師、アスレティックトレーナー、コンディショニングトレーナー、スポーツマッサージ師、 鍼灸師、指圧師、管理栄養士、メンタルセラピスト等)約40名

■付帯施設/診察室、手術室、レントゲン室、回復室、入院室、リハビリテーションセンター、リコンディショニングセンター、メディカルフィットネスセンター、スポーツマッサージ鍼灸治療院、高圧酸素治微量放射線治療、測定室、シャワー室、図書室、談話室

■主な測定、トレーニング機器/筋力測定、持久力測定、体幹バランス測定、体組成測定、超音波検査、サイベックス、フリーウェイト、ケーブルマシン、カーディオマシン、各種トレーニングマシン

■特徴/スポーツ専門のクリニック。あらゆる種目、競技レベルに対応。関節鏡センターを併設し、日帰り~短期入院手術を行っている。東洋医学と西洋医学を融合させたボディメンテナンス施設であるリコンディショニングセンターを併設。また日本代表クラスのトレーナーを擁したメディカルフィトネスセンターも併設。選手を手術からスポーツ現場復帰までトータルでサポート。全国のスポーツドクターおよびトップトレーナーとネットワークで連携している。
スポンサーサイト



明日、4月1日から、神戸・三宮の「もも家」店主・大仁浩子さんによる季節を愛でるフードレシピの連載が始まります。

基本的に毎月1日に掲載。横江節子さんのイラストつきです。その月々の旬の食材をつかっての楽しく、面白く、おいしいレシピエッセイです。

こういうのいいなと思ったら、ぜひお試し下さい。

さて、4月は何がテーマか。明日お楽しみに!(清家輝文)
この前の日曜日、福永哲夫先生の講演に接したことは書いたが、そのあと先生と話していたら、「ウエブジャーナル」を創刊するとのこと。

今日から誰でもみることができるが、ジャーナル名は「スポーツパフォーマンス研究」。リンクしたのでクリックしていただくと、そのジャーナルを見ることができる。日本スポーツパフォーマンス研究会が発刊母体(福永哲夫先生が発起人代表)。

文献がPDF形式で掲載されているが、そこに「動画」というところがあり、クリックすると、画像が動く。解説の音声が入っているものもある。ともかく、一度みていただきたい。

アカデミックなジャーナルはすでにこの流れにあるが、とくにスポーツでは画像が動くのと動かないのとでは雲泥の差がある。

福永先生は「スポーツは楽しくなくっちゃ」と言っておられたが、このジャーナル、今後はどんどん画像処理技術が発展し、その楽しさも倍増してくことだろう。すぐにみていただきたいジャーナルである。(清家輝文)