FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


膝の手術からまもなく3カ月になろうとしていますが、徐々に回復しつつあるとはいえ、まだリハビリには週に2回くらいのペースで通っている。

筋力アップも目的の1つではあるものの、可動域を元に戻すとともに、左膝をかばって歩いていた長年のツケで、崩れた身体バランスを改善している段階。

たとえば、からだをまっすぐにして座るという時点で、からだは左に傾いているようで、本人はいたってまっすぐに座っていると思っている。「正しい位置はここですよ」と理学療法の先生に修正されると、逆にすごく右に傾いている気がして、どうも座りが悪い。

それから、寝返り1つでもどうやら本来使わなければいけない部位の筋力が劣っているので、そこを使わずにからだはそれなりに工夫して寝返り動作をしているようである。
そういった、1つ1つの動作を指摘されながら、「こうで、ここがもうちょっと右で……」などと頭のなかにイメージをつくって動かなければ、からだの部位を指示通りに使えないので、結構、脳トレにもなっている。

いかに独創的なからだの使い方をしているのかと、日々発見中。ある意味、決してよい動作とは言えないが、そうやってからだ全体で、無意識に弱い部分を補ってバランスをとっていることに感動。

そんな感じで、ちょっとずつからだは正しい動作と使い方を改めて学習していっているわけだが、ここ数日、新たな発見があった。

左足が1cmくらい短いような感覚。歩行していても左足の踵が浮いてしまう。
どうやら、理学療法士の先生の日々の悪戦苦闘で、徐々に私のからだは、本来の真っ直ぐな姿勢を取り戻しつつあるようで、そのために、「左足が足らない」ということになったようだ。

当然、左足の裏をちゃんと着けて歩こうとすると、左側に傾くわけで、それが今までの状態だったからなんら、問題はなかった。それが、ちょっとからだのバランスが右に移行したことで、そういったことが起こる。言われてみれば、当たり前のことなのだが、自分のからだながら、おもしろいなぁと思う。

先日の健康診断でも、身長が約2㎝ちかく伸びていた。まぁ、誤差もあるだろうが、きっとそのくらいからだはバランスを崩していたのだろう。

左足の足りなさは、膝の可動域が戻れば多少改善されることだろう。それでも生じた脚長差はインソールとかで、補っていくことが必要かもしれない。

からだが矯正されて、本来の正しい位置に戻っても、マイナスを補っていた微妙なバランスがなくなったことで、あらたに生じる問題があるようだ。

ヒトのからだは、実に奥が深いものである。(田口久美子)
スポンサーサイト