FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今日から新コラムがスタートしました。

毎週金曜日に、帝京平成大学の久米秀作先生に担当していただくことになりました。

このブログをご覧いただいている方で、久米先生をご存知な方も多いと思いますが、久米先生はコラム内のイラストにそっくり!なんですよ。
ただ、以前のイラストには髭がなかったような……。

さて、久米先生のコラムでは、スポーツの話題のみならず、いろいろな話題を久米先生視点で、バッサバッサと切っていっていただけると思います。
久米先生も今回のコラムで書かれているように、みなさんから久米先生へのいろいろなご意見・ご感想などありましたら、是非、コメントしていただければと思います。

また、久米先生のコラムに引き続き、新コラムも企画中です。お楽しみに!

(田口久美子)
スポンサーサイト



「はじめまして。 帝京平成大学の久米です」

久米先生顔イラスト ブログ 僕は、現在大学でアスレティックトレーナー養成コースの教員として働いています。他にも保健体育の教職課程の授業なども担当しているんですよ。 

  皆さんは、最近あちこちの大学で「スポーツ」関連の学部、学科、コースの開設が相次いでいるのをご存じですか。うちの大学も、開学当初はコンピューターが売りの大学だったんですけど、ここ数年で医療系の大学に見事に変身してしまいました。時代のニーズ、ってやつでしょうかね。

 あ、ところで今日から毎週金曜日にこの「月刊スポーツメディスン公式ブログ」の一角を借りて、僕もブログを書くことになりました。金曜日ってのは次の日が土曜日ですからね、当り前ですが。なので、あんまり重い内容は避けたいなって思っています。かといって軽すぎて皆さんに読んでもらえないのもさびしいなっと思いましてね。そこで、先ずこのブログのタイトルに気合いを入れてみました。その名も「スポーツにカツ!」です。どうですか?「カツ!」の意味は、「勝」だったり「活」だったり「喝」だったり。その時々でいろいろとスポーツにまつわる“カツ”の話を中心に書こうと思っています。
 掴み、OKですかね?

 早速今日の「カツ!」は「就活」のカツ。
 いまどきの大学生にとっては就活をおろそかにすることは“死活”問題!これは大学の就職指導体制とも大いに関係するし、ひいては大学の評判と直結するので、今後の受験生向けのアピールも考えると大学としては社会と強い接点を持つことを世間に強くPRしておきたいところ。そこで、わが大学ではこの4月より「ビジネスシステム(Via Sports Learning)」なる授業を立ち上げました。
 
授業風景ブログ これは、地元千葉を本拠地に置く千葉ロッテマリーンズとジェフユナイテッド市原・千葉とわが大学が全面協力して、学生の力を実際のマネジメント現場に生かそうという試み。つまり、学生は実際のプロスポーツを題材としてビジネスの現場を体験できる授業なんです。初回の授業(4/8)には私が所属するトレーナー・スポーツ経営コースやスポーツ文化コースそしてレジャービジネス学科の学生がたくさん教室に押し寄せました。

 多分これからのスポーツ系大学の専門科目は、さらに社会との接点をキーワードに外向き授業を展開する傾向を加速させるね。ということは、そんな授業ありかよーーー、前例ないぞーーー、なんて言っている教員はあぶないぞ!というわけで、僕自身にも「喝!」。

是非、読者の皆さまからも最新の「カツ!」情報を募集します。

ではまた、来週の“カツ!”をお楽しみに!

帝京平成大学 久米秀作(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)