FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日の深夜に一応終わらせ、朝早く起きて、もう一度特集を校正。やっぱり間違いを発見して、修正し、入稿。なんとか24日発売に間に合わせることができそうです。

写真は、110号の表紙。特集は「筋腱複合体-ここまでわかった筋腱のふるまい」でこの分野の第一人者である福永哲夫先生の講演をもとにまとめたものです。お楽しみに。
P1020050.jpg

110号の中カラー「話題の最前線」では、京都アクアリーナというスポーツ施設内にできた「ReCo」というリコンディショニング施設を紹介します。リコンディショニングについては、本誌でも大特集を組んだことがあり、その重要性は今さらいうまでもありませんが、実際の施設はまだそう多くはありません。リコンディショニングの概念自体がまだ普及しているとはいえませんが、「ReCo」の代表である吉村直樹さんは、「確実にニーズはある」とおっしゃっています。ぜひ、このレポートをご覧ください。

入稿して、どっと眠くなってきました(笑)。少し仮眠をとります。(清家輝文)
スポンサーサイト