FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


本誌110号が発売になりました!

早いところだと本日お手元に届きます。特集は、「筋腱複合体-ここまでわかった筋腱のふるまい」です。福永哲夫先生の詳細な解説、また貴重な図・写真で構成します。

優れたパフォーマンス、日常の歩行などでの筋腱複合体のふるまいとはたらきが詳細にわかります。また、ストレッチングがもたらす筋腱複合体への影響、筋力トレーニングの影響、両者を併用したときの変化、加齢に伴う変化など、どなたにも関心のある問題が明かされます。

まさに必読の特集です。ぜひ、お読みいただきますよう。(清家輝文)

★上の表紙の上の文字をクリックすると、ホームページにとび、特集の一部を閲覧することができます。
スポンサーサイト