FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

巷は、ゴールデンウィークですね。
会社は東京都中野区にあるのですが、西新宿から歩いても20分程度。
とっても、町中が静かです。

今日はお天気もいいし、気分的にはお休みモードな感じですが、もう次回の本誌の編集作業や編集企画作業も始まっていますので、机の上は仕事が山積になっています。そんなわけで、ゴールデンウィークも後半は仕事です。

ちなみに、本誌編集部は2名で編集作業を行っているので、改まった編集会議というのはなく、日々の会話のなかで、「こういう人と会った」とか「この講習会で聞いた話が新たらしい」とか、そういった雑談のなかで「それ、おもしろいね。次の特集それでいこうか」という感じで、特集が決定することが多々あります。

とくにスポーツ分野に限らず、いろいろな分野の人たちと会って、話をすることで、特集や連載のヒントは広がっていきます。

さて、次号の特集も取材が動きだしています。また具体的な内容が決まりましたら、お知らせしますのでお楽しみに!

みなさん、楽しいゴールデンウィークを!

(田口久美子)
スポンサーサイト



NPO法人芸術家のくすり箱によるコンディショニングセミナー「アレクサンダーテクニーク」が下記のとおり開催されます。詳細は同NPO法人のサイトをご覧ください。

「アレクサンダーテクニークは、無意識のうちに行っているクセや緊張に自分自身で気づき、取り除くよう働きかけます。そして人間が本来もっている体全体の協調性を整え機能させることで、上手く身体が動くように導きます。同じ動作の繰り返しや、体の一部を極端に酷使する芸術家は、無意識におこなっている習慣が、疲労やケガ、パフォーマンスへの制限につながっていることがあるため、よりよいパフォーマンスの実現に向けたコンディショニングとして注目され、海外では芸術系の学校でも取り入れられているメソッドです。」(同サイトより)

■日時: 2009年6/8・15・22・29(毎週月曜日)
  (A)芸術家向けクラス: 18:00-19:30
  (B)医療従事者・トレーナー等向けクラス: 19:45-21:15

■会場: 芸能花伝舎 (東京都新宿区西新宿6-12-30)
[東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」2番出口より徒歩6分、都営大江戸線「都庁前駅」A5番出口より徒歩10分]