FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

ゴールデンウィークも真っ盛りですが、毎日、仕事です(笑、泣)。

でも、毎年のことなので、特別どうということもありません。ただ、この連休中に4つの仕事があり、そのメドを立てなくてはいけないというのがプレッシャーです。

今日、2つはなんとかという段階です。4つのうち、2つはDVDの企画、1つは次号の特集、1つは、まったく別ですが、学校におけるアスリートの健康管理に関する冊子。

どれも大事な仕事ばかりなので、気を休めることができません。当然、担当していただいている先生がたも同様に連休中も仕事ということになります。

思えば、スポーツにおける練習もハンパではありません。あと何本とやるのですが、へとへとになり、やがて突然楽になるときがあります。ランナーズハイのようなものかもしれませんが、いつもではなく、ほんの限られた回数、そういう経験があります。

そこまでやらないと訪れない感覚。それはスポーツ以外にもあるのかもしれません。

まだ連休は2日あります。やるぞー!(清家輝文)
スポンサーサイト