FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

ゴールデンウィークも真っ盛りですが、毎日、仕事です(笑、泣)。

でも、毎年のことなので、特別どうということもありません。ただ、この連休中に4つの仕事があり、そのメドを立てなくてはいけないというのがプレッシャーです。

今日、2つはなんとかという段階です。4つのうち、2つはDVDの企画、1つは次号の特集、1つは、まったく別ですが、学校におけるアスリートの健康管理に関する冊子。

どれも大事な仕事ばかりなので、気を休めることができません。当然、担当していただいている先生がたも同様に連休中も仕事ということになります。

思えば、スポーツにおける練習もハンパではありません。あと何本とやるのですが、へとへとになり、やがて突然楽になるときがあります。ランナーズハイのようなものかもしれませんが、いつもではなく、ほんの限られた回数、そういう経験があります。

そこまでやらないと訪れない感覚。それはスポーツ以外にもあるのかもしれません。

まだ連休は2日あります。やるぞー!(清家輝文)
スポンサーサイト