FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

今月発売の111号の特集は、「触覚」を中心とした「体性感覚」についてです。現在取材中。いかなることになりますか。お楽しみに。

「感覚」はなかなか扱いがむずかしいものですが、どんどん科学のメスが入ってきています。スポーツの世界では「感覚」は非常に重要なもので、感覚が鈍ったり、狂ったりするとよいパフォーマンスが発揮できなくなります。したがって、感覚を磨くことが大事になります。

その感覚も含め、体性感覚、触覚などについて整理し、臨床場面での応用やアスリートの声も収録の予定です。

実は、月刊誌以外の仕事がたくさんあり、かなりピンチです。でも頑張りましょう。(清家輝文)
スポンサーサイト