FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今日の午後入稿。現在、特集の最後をレイアウト中で、待ち時間。

昨日は深夜までかかり、なんとかメドを立てて、とりあえず社で寝ました。

111号の特集は「からだの感覚―体性感覚をめぐって」というタイトルにしました。

『タッチ』(医学書院刊)を書かれた岩村吉晃先生にインタビュー、『タッチ』の記述とともに、体性感覚について整理してみました。

また、徳島大学の荒木秀夫先生と橋本病院の鶯春夫先生に「感覚と運動」について、認知運動療法も含めて話していただきました。

最後に、トップアスリートの感覚について、田中夕子さんに、これまで取材を通して聞いたトップアスリートの「感覚」についてまとめてもらいました。

荒木先生の話と、フェンシングの太田雄貴選手の「爪の先で引っかけるような感じ」というのがぴったり合い興味深かったですね。その他多数のトップアスリートの「感覚」話が出てきます。

さて、あと少しです。頑張ります。非常に面白い特集ですよ!(清家輝文)
スポンサーサイト