FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

感覚というと、主観的なもので、定量化しにくいというのはすぐにわかる。「どれくらい?」というのをちゃんとした数値にしにくい。

しかし測定可能なものを測定しようということで、体性感覚の研究が始まった。詳しくは岩村先生の『タッチ』を読んでいただくか、次号111号特集をまずは読んでいただきたいが、興味深い研究がたくさんなされてきた。

体性感覚は生理学では、「身体の表層組織(皮膚や粘膜)や、深部組織(筋、腱、骨膜、関節嚢、靱帯)にある受容器が刺激されて生じる感覚」と定義されている(『タッチ』P.5より)。ほぼ同じと考えてよいのが「身体感覚」。「身体感覚」は一般にも使用されるが、上記の意味で使っている人は少ないのではないだろうか。言葉の定義を知っていると知らないとでは会話や読書が違ってくる。

その体性感覚と運動について語っていただいたのが、荒木先生と鶯先生。
araki.jpg
左が鶯先生、右が荒木先生。場所は徳島大学。

面白い話が沢山出てくる。患者さんの手首を握って腕を挙げてもらおうとするとき、力を入れて握ってしまうと、患者さんの筋緊張が高まり、腕が挙がらなくなってしまうことがあるとか、感覚と運動について、約10ページで紹介した。

昨日入稿して、今日は最終的な黒焼き校正。来週月曜日に発売の予定です。お楽しみに!(清家輝文)
スポンサーサイト