FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

新潟県南魚沼市にFIVBバレーボールアカデミー(理事長:豊田博、NPO法人申請中)が、世界初となるFIVBによる常設のバレーボールアカデミーを開設する。

選手強化はもちろん、審判・コーチ・トレーナーおよびマーケティングについても世界に通用する人材の育成をめざす。

6月10日(水)に開設式および施設内覧会を開催。

当日は、FIVB国際バレーボール連盟副会長 ビチェンテ ヘンリケ・ゴンカスベス デ アラウホ氏と
南魚沼市長 井口一郎氏、スポーツキャスター ヨーコ・ゼッターランドさんが出席予定。

バレーボールアカデミーの今後の活動に期待したい。(田口久美子)
スポンサーサイト