FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

このブログでも報じたとおり、東京女子大学のA.レイモンド設計による旧体育館の解体が始まった。ほかに方策はなかったのだろうか。

写真は、体育館の外に設けられた二階の通路にある大きな花入れ。この通路は歩いていて気持ちがよく、談笑の場でもあっただろう。
花


隅々まで入念につくられたこの体育館は貴重な建築的財産であり、「体育館とは何か」を考えさせるよいモデルでもあった。

解体後はオープンスペースになり、災害時などの避難場所になるそうだ。

次号112号の巻頭でこの件に関する記事をまとめたので、ご一読いただければさいわいである。(清家輝文)
スポンサーサイト