FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

昨日、無事入稿。今日、黒焼きといって、データどおり出力されているかを確認、色校も同様。それで完全にフィニッシュとなります。

112号の表紙はちょっと小さいのですが、こんな感じ。
MSM112.jpg

特集は「足関節捻挫からの早期復帰。サントリーサンゴリアスの高澤祐二ドクター、吉岡淳平トレーナー、若井正樹コンディショニングコーチ、山本和宏理学療法士、バスケットボール日本代表チームのトレーナーである清水結理学療法士、中村俊輔選手の専属トレーナーをはじめJリーグで長くトレーナーを務めた小池博さん、選手の経験談としてバスケットボールの萩原美樹子さんに登場していただきます。

まさに最前線レポート。みなさん共通しているのは、まず腫れを取ること。そのあとのアプローチはさまざまで現場の方にはたいへん参考になると思います。

みなさん、試合の都合などでの「早期復帰」は一時的処置であり、その後のフォローアップが大事とも語っておられます。

今月25日に発売の予定です。ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト