FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

本誌112号が発売になりました。
P1020060.jpg


今月の特集はかねてお知らせのとおり「足関節捻挫からの早期復帰」。

連載では、「スポーツに役立てる超音波画像診断」では「Osgood-Schlatter病と周辺疾患」(冨岡立先生)、「続・投球障害の予防と対応」は「スポーツバイオメカニクスからみた投球障害」で中村康雄先生に登場していただきます。

また「東京女子大学旧体育館解体」の話題をメイントピックで、さらに研究レポートとして、「コンプレッション衣類の有効性を測定する」と題し、山本利春先生グループによる疲労回復をテーマとした研究内容を紹介、新都心にできた柔道整復・鍼灸、看護の大学、「東京有明医療大学」のレポートも記載したほか、多数の記事満載です。

ぜひとも、ご一読ください。

ここから目次詳細とサンプル画像が閲覧できます。(清家輝文)
スポンサーサイト