FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

コンプレッションウエアのスキンズが各地でショップ向けのコンディショニングクリニックを開催するという案内が届きましたので、下記お知らせします。

機能性アンダーウエアが大流行し、多くのモデルが発表されている今シーズン、スキンズは全国4ケ所でショップスタッフ向けにコンディショニングクリニックを開催しています。講師にはストレングスコーチの油谷浩之氏を招き、スキンズの機能特徴だけではなく、身体の生理学的構造(疲れのメカニズムなど)を参加者の方々に講義し、アンダーウエアに対しての理解を深める活動をしています。

参加者には修了証を授与していますのでご購入の際、ご不明な点があれば修了証を保持しているショップスタッフまでご相談ください。
クリニック修了証


問い合わせ:スキンズ カスタマーサポート 0800-800-2380
スポンサーサイト



12日の日曜、東京大学駒場キャンパスで「東京体育学会」設立記念の講演会と祝賀会が開催されました。

東京体育学会は、(社)日本体育学会の東京支部が独立学会となったもので、日本学術会議の一員となり、独自に学会誌を発行するなど、さらに活発な活動を目指し、日本の体育学に寄与していこうというものです。

この日は、まず総合司会の深代千之教授が設立の経緯を述べ、初代会長となった金久博昭教授が開会の辞を、北川薫・中京大学学長、日本体育学会副会長が祝辞を述べた後、中澤公孝教授が「ニューロリハビリテーション」について、菊幸一教授が体育社会学の立場から体育学について語る講演がありました。

祝賀会では、和気藹々と今後の日本の体育学について語られていました。この日の模様は次号113号の中カラーで紹介します。

21世紀の「体育」は面白くなりそうです。(清家輝文)

写真はその祝賀会から。
祝賀会