FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

東京スポーツ整形外科研修会の「第1回スポーツリハビリテーションワークショップ」が下記のとおり開催されます。

日時:平成21年8月29日 (土) 17:30~20:30
会場:東京医科歯科大学 医科新棟16F 大会議室
    (東京都文京区湯島1-5-45)
講義:「膝ACL損傷の評価と再建術」            
    東京医科歯科大学 大学院運動器外科学分野 宗田 大先生
ワークショップ:「膝ACL再建術後リハビリテーションの実際」
    昭和大学 保健医療学部理学療法学科 加賀谷善教先生
    関東労災病院 リハビリテーション科 今屋 健先生
    東京医科歯科大学 大学院運動器外科学分野 八木茂典先生 

※定員 50名(先着順)
※参加費 2,000円
※申し込み方法
下記宛にメールにて、氏名、所属、職種、
メールアドレスを記入の上、お送り下さい。
※実技を実施するため軽装でご参加下さい。 
※終了後に情報交換会を予定しております。

【申し込み・お問い合わせ】
URL http://www.tokyo-sports.net/(ただし7月25日から)
e-mail info@tokyo-sports.net
東京医科歯科大学
大学院運動器外科学分野
TEL 03-5803-4775


スポンサーサイト



「リコ日記③」で吉村先生が紹介している動画、すごいね。

とにかくみてください。私たちは本当に甘いなと思います。
あれがない、これがないというより、あれがある、これがあるだなあ。

なんとかして生きていこうとするのが生命と、荒木先生に教えてもらったが、人のすごさをこの動画で痛いほど知りました。

がんばんないとね。ともかくみてください。

ケータイを紛失して不通になっていましたが、出てこないので機種変更しました。
もうつながります。番号は同じです。みなさんの電話番号がわかりませんので、
電話できません。何かの際にご連絡ください。よろしくお願いします。(清家輝文)
こんにちは。だいたい一週間に一度のスローペースで更新しています。
慣れてくれば、もっとマメにしていきます・・・。

京都では、祇園祭で盛り上がっています。四条通りはまさに人・人・
人・・・。人の熱気は、不景気を忘れさせてくれます。祇園の人波に疲れた際は、ぜひ『ReCo』へ・・・(笑)。

さて本日は、ある動画を皆さまにお伝えします。ぜひ一度見てみてください!
私は心が震えました・・・。
どうしようもない困難に出くわしたとき、それを素直に受け入れることはできません。

でもそれを受け入れられた時、力強い一歩を踏み出すことができる。諦めることは簡単、でも諦めたら終わり・・・。
決して諦めずに困難に立ち向かうことの大切さをこの人から教えてもらいました・・・。

感じたことを一時の感動に終わらせずに、日常の行動に、そして継続できるように、精進していきます。


ReCo代表 吉村直心