FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ)が協力する「日本プロ野球OBクラブ 東京ベースボールスクール」が昨年に引き続き開催されます。

第2期生の募集が開始となりましたので、ご案内します。

日本プロ野球OBクラブ 東京ベースボールスクールは、高校進学後も硬式野球部に所属し、真剣に野球に取り組みたい中学3年生を対象に神宮球場室内練習場にて、日本プロ野球OBクラブ会員のプロ野球OBが指導する本格的な野球スクールです。

開催期間/2009年11月6日~2010年1月29日までの3カ月間

開催頻度/毎週金曜日の週1回(全10回)

開催時間/午後5時30分~9時30分(技術指導終了後のミーティングも含む)

対象者/来春、高校野球部に所属見込みのある中学3年生

参加費用/早割り(9月28日までに申し込み)148,000円、通常158,000円

募集人数/最少16名、最大30名

練習場/神宮球場 室内練習場(東京都新宿区)

なお、指導講師は8月上旬決定予定

上記の申し込みおよび問い合わせは、「株式会社ベースボールコミュニケーション」のHPにてご確認下さい。

(田口久美子)
スポンサーサイト