FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

以前弊誌で「ヒザイタ改善」の連載を担当していただいていた小谷さおりさんから標記講習会の案内が届きました。

3日間で計20時間という集中コースです。詳しくは、このサイトをご覧ください。

ヒザイタ改善B級認定講習会
~C級編・陸上編・水中編20H集中コース~

●日時:
1日目 2009年10月10日(土)17~21時(4H)
2日目  〃   11日(日) 9~18日(8H、休憩含む)
3日目     〃   12日(月)  同上(午後認定試験あり)

●開催予定地
千葉幕張

●受講資格
ヒザイタ改善のノウハウを学びたいと思っている方であれば、プロアマ問わずどなたでも受講できます。
*10日の講習会にて、翌日のB級指導員認定講習会の受講資格である「C級修了」資格を取得できます。

●講師陣
主任講師:小谷さおり
当会セミナーリーダー:海老沢千津子、宮川比登美

●受講料
63,000円

●主催
日本ヒザイタ改善普及会

●協力
NPO法人日本Gボール協会・社団法人日本フィットネス協会・ギムニク株式会社
スポンサーサイト