FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

「浦和レッズスポーツセミナー」の案内が届きましたので、下記にご紹介します。
応募を開始しておりますので、ご興味のある方はお早めにお申し込み下さい。
(田口久美子)


 本年度も下記の通り「浦和レッズスポーツセミナー」開催することとなりました。
浦和レッズでこれまで培ってきた診断・治療・リハビリのノウハウを基に、スポーツトレーナー、スポーツドクターおよびトレーナー、ドクターを目指す方を対象に講演・実技指導を行います。

2009年浦和レッズ スポーツセミナー 第1回
 【外傷・障害の予防と復帰のためのトレーニング】


開催日程/2009年9月20日(日)16:00~18:00

募集対象/ アスレティックトレーナー、スポーツドクターおよびトレーナー、ドクターを目指す方

内容/サッカーの外傷・障害の予防と復帰に役立つstabilization、coordinationのトレーニングについて実技を含めた講演をします。参加する方は、軽い運動ができる服装、シューズを持参してください。

会場/ レッズランドハウス2階ホール(埼玉県さいたま市桜区下大久保1771)

講師/浦和レッズ メディカルディレクター   仁賀定雄
     浦和レッズ アスレティックトレーナー  野崎信行

受講料/5,000円

募集人数/50名 ※申込者が定員を超えた場合は埼玉県内の方を優先とします

募集期間/2009年8月14日(土)~9月4日(金)※必着

申込方法/HP上の申込書に必要事項を記入し、郵送またはE-Mailでお申込ください。
 ※参加可否については、9月8日(火)をメドにお知らせします。

申し込み先/E-Mailの場合: seminar@redsland.jp
        郵送の場合:〒338-0825 埼玉県さいたま市桜区下大久保1771
                 レッズランド スポーツセミナー係

◎問い合わせ先
 RedsLand
 TEL:048-840-1541
 E-Mail:seminar@redsland.jp
 9:00~18:00(月曜定休日)
スポンサーサイト



今日から電車も混み始めてきた。お盆休みも終わったということだろう。もう暦の上では秋で、確かに夜は虫が鳴いているし、朝晩は涼しい。今年は、夏らしい日が少なかった。

しかし、甲子園では高校野球の真っ盛りで、ベルリンでは世界陸上で、なんとボルト選手が9秒58というとんでもない記録を出した。まだ余裕がありそうで、さらに記録は彼自身によって更新されるだろう。

朝原さんと対談形式で話したことがあり、「日本人も9秒台が出せるのでは?」と聞いたら、「やってみてくださいよ」と言われた。そんなこともう無理だけど、世界は9秒5台に入ってしまった(とはいえ、ボルト選手だけだが)。

日本記録は10秒00。ボルト選手の記録と0秒42も差がある。0秒42というと、日常の世界ではほんのわずかな時間でしかないが、こと100mとなると、4mくらいの差があるということで、「圧倒的な差」である。

この差はいったいどこからくるのか。朝原さんは、ボルト選手は「別の次元」と言っていたが、素人、一般のアスリート、トップアスリート、その上にスーパーアスリートという「別の次元」の選手がいるということのようだ。それを「天才」と呼ぶのはつまらない。必ず、そこに至る道があったのであり、「天才」の一言で片付けるのは怠慢というものだろう。

しかし、それにしてもすごい記録で、昔(1968年)ビーモン選手が走り幅跳びで8m90を出したとき、もう人類はこの記録を破ることはできないのではないかと思われたくらい、飛びぬけた記録だったが、その記録も23年後パウエル選手によって塗り替えられた。

テレビで観るのと、現地で観るのとでは、疾走スピードの感覚が全然違う。今度朝原さんに会ったら、ぜひそのスピードの感覚を聞いてみることにしよう。(清家輝文)