FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

スポーツ選手によく見られる機能不全への物理療法アプローチというテーマのセミナー案内が届きましたので、以下に紹介します。


スポーツ選手によく見られる機能不全への物理療法アプローチ

日程/平成21年11月3日(祭日)

会場/オフィス東京(東京都中央区京橋1-6-8)

時間/12時30分~16時

内容/
足関節や膝関節の可動域制限など整形外科疾患の原因となる機能不全へのアプローチを実演形式で紹介。
本セミナーでは、実際に臨床の現場で活躍をされている理学療法士の先生をお招きし、スポーツ現場でよく使用される超音波療法や最新の電流療法を用いた臨床報告と共にアプローチ方法の解説をしていただきます。

講師/横浜市スポーツ医科学センター 理学療法士

受講料/5,000円

定員/先着40名 ※要予約

申し込み締切/10月30日まで

申し込み方法/電話、FAX、Eメールにて下記まで申し込む

問い合わせ/
伊藤超短波㈱  担当: 大澤、星野
TEL:03-3812-1216
FAX:03-3814-4587
E-mail:m-tokyo@itolator.co.jp
http://www.itolator.co.jp/ 
 
スポンサーサイト