FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

予定より1日早く入稿した114号は、今月24日(木)発売です。連休明けになります。24日発送ですので、早いところは25日には届くと思います。

西良先生の「腰椎分離症」に関する研究を詳細に紹介します。整形外科医など専門家が読むものとしても十分な情報量です。これまでまとまったものはないと思いますので、ぜひともご購読をおすすめします。図は33点を収録。うち15点は中カラーのページでカラー表示しました。

この号1冊で「腰椎分離症」に関する最新でもっとも進んだ知見が得られます。

「シルバーウィーク」と言われるこの大型連休。編集部では次号115号特集の取材を開始します。今月中に3人の先生に取材、相当インパクトのある内容になりそうです。

近々、いくつかの連載が終了しますが、新連載企画も進んでいます。お楽しみに!(清家輝文)
スポンサーサイト



拝啓 鳩山カッ下殿


久米先生顔イラスト ブログ拝啓
 この度の「首相指名」、誠におめでとうございます。16日の首相官邸での就任記者会見をTVで拝見いたしました。その冒頭で、あなた「衆院両院で首相に選出された瞬間、日本の歴史が変わるという身震いするような感激」を感じたとおっしゃいました。そして、続けて「この国を本当の意味での国民主権の世の中に変えていかなければならない」ともおっしゃいました。誠に頼もしい限りです。

 TVで拝見する限りでは、いつもよりは少し怖い御顔でしたが、力みのない、すっきりとした自然体での挨拶であったと思います。しかし、人はわかりません。充実した御顔に見えていても、WBCのイチロー選手のように、実は胃に穴が開いていた、なんてこともあります。慌てず、(失敗を)恐れず、我慢せず、の精神でやってください。

スポーツにカツ24 とはいえ、政権公約(マニュフェスト)の実現に向けてのプレッシャーは相当なものでしょうね。中でも景気対策に関する項目は、最優先であることは十分に理解できます。ただ、申し上げたいことは、そういった最優先課題が、必ずしも最優先とは限らないということものあるのです。現時点で、結論の時間が差し迫っている重要な課題もあるということを、お忘れにならないでください。

 たとえば、2016年夏季オリンピック招致の問題です。この開催地の決定が10月2日に迫っています。新聞によりますと、16日にあなたが首相指名を受けた後に、森元首相が、開催地が決定するオリンピック委員会総会に「何とか行ってほしい」と言ったとあります。それに対して、あなたは「まじめに考える」と返したそうですが、言葉尻だけ捉えるならば“まじめに”ではなく“本気で”考えてほしいのです。

 わが国で政権交代が起きたことは、世界中が注目しています。IOC委員も同じです。交代した新リーダーが、オリンピック開催にどれだけ意欲を持っているのか、注目しているのです。

 あなたは、学生時代、アメフトをやっていたそうですね。ならば、アメフトの特徴のひとつにベンチ・ワークにあることは、よくご存知なはずです。もし、あなたが、相手チームのヘッドコーチがグラウンドにいる選手たちに全く関心を示さず、ベンチで一人座って他の仕事をしているのを見たら、「このチームは駄目だな」と思うでしょう。

 博学のあなたに、こんなお話は大変失礼であることは重々承知ですが、お聞きください。

 孔子とその弟子の言行録である「論語」の一説に

「子曰く、君子は器ならず」

 という言葉が載っています。君子は「器」であってはいけない。なぜなら、「器」はひとつのものしか入れられない。君子は、そのような狭量ではいけないのだ、といっているのです。

 さらに、弟子が孔子に質問する件があります。

「子貢、君子を問う。子曰く、先ず行え。其の言はしかる後に之に従う」

 つまり、弟子の子貢が「君子とはどのようなものですか」と聞きます。これに対して、孔子は「まず、行動することだ。言葉はそのあとで良い」と答えるのです。

 鳩山首相、あなたは大変な紳士でいらっしゃいます。服装を見ればわかります。これからは、君子でもあらんことを、私は心よりお願い申し上げる次第です。                  敬具


久米秀作・帝京平成大学 (日本体育協会公認アスレティックトレーナー)