FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

足の勉強会

 近年、健康シューズを売る店が増えてきています。大手メーカーもこの関連のショップを展開しており、健康シューズの分野はこの不景気の中でも盛り上がりをみせております。それだけ世間一般でも『楽に歩くこと』へのニーズが高まっているのでしょう。

 私たちは『立つ』『歩く』ということが生活のベースであるので、歩くときの微妙なバランスを崩してしまうと膝や腰などいろんな所に悪い影響が出てしまいます。

 以前のブログで足の機能について簡単に言いましたが、少し足の骨の位置を変えてあげたり、足指の機能を変えてあげたりすることで、膝の症状が改善することも少なくありません(もちろん膝にたいするアプローチも必要ですが・・・)。中敷き屋さんなんかも増えているようですが、作る人はメーカーから指導された方法論だけでなく、ちゃんと足部機能や上位関節への影響についても勉強して本当に良いものを売ってほしいと願います・・・。

勉強会 3 今年度は足の講習会の企画を多くしておりますが、その総括も兼ねて先週土曜日に足部の勉強会を行いました。やまぎわ整形外科の内部勉強会なのですが、他院の方も多数いらして下さいました。ありがとうございました。次(10月3日)は実技をする予定です。参加希望の方はご連絡くださいね。

 足底板を作っていてよく思うのですが、足とスパイク(サッカー、ラグビー)が全然合っていない人が本当に多いです。

 足の幅に合わせると前が余りすぎるし、前に合わすと足指が曲がって縮こまっている・・・。これでは人間本来のもつ足部の機能は働きませんし、パフォーマンスは落ちます。慢性的なスポーツ障害になる可能性もあります。足底板で対処するには限界があるので、正直困る場合があります。良いアイデアがある方は教えて下さいね。

 今回はこの辺で・・・。

ReCo代表 吉村直心
スポンサーサイト



コラム執筆者として新たに内田先生に参加していただき、スポーツ整形外科医としての専門的なお話を掲載していただくことになりました。すでに2回。今後が楽しみです。

内田先生は個人ブログも開設しておられます。そちらもどうぞご覧ください(内田先生のコラムの最後にリンクしてあります)。

さらに、新たにアスレティックトレーナーの方とインストラクターの方にも依頼。間もなく、新たなコラムが2本増えるということになります。

賑やかになってきました。今後ともこのブログ、お楽しみに!(清家輝文)