FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


全日本実業団

 先週末は陸上の全日本実業団の試合があって岡山にいました。たぶん、全国的にだったと思いますが、岡山は気温が30℃近くまで上がって秋の気配はゼロ。真夏の頃と変わらない感じで日焼け止めをたっぷり塗りました。

 やっぱり岡山といえば桃太郎。街中でも桃太郎の文字やイラストに出会います。そして、競技場の名前も桃太郎スタジアム。

アレコレ日記7 全日本実業団はチームごとの対抗戦。プログラムを見ると強豪チームの名前と並んで、○○クラブ、○○治療院、○○商店、参加人数1名と記載されているところもある。

 昔、私がサポートしていた選手も大学卒業後、実業団に入る力はないけれど陸上は続けたいと言って、実家の商店所属で実業団登録し試合に出ていたことがある。何かを掴んだ気がする。やっと記録が伸びてきた。大学まで頑張ったけどこのままでは辞められない。もう少しチャレンジしてみたい。そんな気持ちを持って続けているんだと思う。前述した彼もそう言っていたので。

 そして、この大会の途中ではジュニアの試合も行われ、その表彰式にプレゼンテーターとして現れたのが、昨年の北京オリンピックの4×100mリレーで銅メダルを獲得した立役者。朝原氏。一緒に走った塚原選手や高平選手は選手として参加。メダリストが三人もこの場にいるなんてファンにとってはめちゃエキサイティング。そしてこの大会には今年ベルリンで行われた世界選手権に出場した選手も参加。色紙を持った小中学生が会場を走り回る。

 アップ中以外であれば、どの選手も子どもたちの要望に答えて笑顔でサインしたり写真を撮ったり。選手もファンに支えられているのがちゃんとわかっているし、子どもたちにも陸上をもっと好きになって続けて欲しいと思ってる。

 で、実業団なのでお父さん選手も多く、パパの応援に駆けつけたちびっ子たちも駆け回る。陸上DNAを持った子どもたち。将来は陸上選手かしら。


津田清美・日本体育協会公認アスレティックトレーナー


スポンサーサイト