FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


足底板について

 足の勉強会に引き続き、足底板の勉強会を行いました。

 足部の調整は、
①後足部へのアプローチ
②前足部へのアプローチ
③足底の筋腱の緊張に対するアプローチ
 が主な方法で、これを元にいろいろなオプションをお組み合わせていきます。この方法により、足部の安定性が高まって楽な足の使い方が可能となります。

 勉強会参加者のなかに、特徴的な症例があったので簡単に紹介します。

山田片脚立位症例①

左の片足立ちで極端に外側に荷重が偏っていました(原因は詳しく聞いていないのでわかりません・・・。)

片足でスクワットしても外側荷重は変わらず、足趾を曲げて地面を掴むようにしながら足裏の外側だけで接地してバランスを取っていました。

見るからに足は疲れそうでした・・・。

この症例の場合、外側荷重をすこし内側誘導にして全面で接地できるようになると楽になりそうなので、それを目的に足底板を合わせてみました。

さてこの方の場合、踵の外側を少し高くしたほうがよかったでしょうか?
それとも踵の内側を少し高くした方が良かったでしょうか?

結果は、踵の内側を少し高くしてあげる方がしっかりと安定しました。

山田 足底板症例②

左の片足立ちで症例①同様外側に荷重が偏っていました。またこの方の場合は、重心が後ろにありました。

片足スクワットも同様に外側荷重は変わりませんでした。

症例②も荷重を内側へ誘導させて足部全面接地できることを目的として足底板を合わせてみました。
この方の場合は、踵の外側を少し高くしてあげる方が安定しました。

 症例①、②ともご本人に体感していただけましたし、見ている参加者も明らかな動きの変化を確認することができました。

 外側へ体重が偏っている人は非常に多くおられます。この荷重の偏りがいろいろな疾患を惹き起こします。スポーツ選手だと半月板損傷やお皿の障害など、中高年だと変形性膝関節症などです。

 ですから普段の荷重の偏りを変えてあげることでいろいろな疾患は予防できます。ただし外側に荷重が偏っているからといって外側を持ちあげて内に荷重を誘導するといった浅はかな足底板は逆効果にもなり得るということをよく知っていただきたいと思います。


ReCo代表 吉村直心
スポンサーサイト



日本で唯一の国立4年制大学、鹿屋体育大学の東京サテライトキャンパスがオープンしました。

10月3日の土曜日、開所式があり、取材がてら参加してきました。本郷3丁目からすぐ、御茶ノ水駅からも7分くらいと、便利なところにあります。

講義室2つに、多目的使用可能な部屋がひとつ。鹿屋体育大学とテレビ会議システムでつながっています。

このキャンパスでは、修士課程の授業を初め、同大学の東京の拠点として、研究・就職などさまざまな分野で成果を上げることが期待されたいます。

詳細は、今月出る115号で紹介します。

写真は、開所式で式辞を述べる福永学長。
福永学長

なお、この東京サテライトキャンパスの所在地は以下のとおり。
東京都文京区本郷3丁目15-9 SWTビル5階