FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


はじめまして、村上です

 この度、『月刊スポーツメディスン公式ブログ』を書かせていただくことになりましたトレーナーの村上博之と申します。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 陸上競技を中心にトレーナー活動を行なわせていただいております。

 自分自身も中学入学から大学卒業まで陸上部に所属しておりました。
今では残念ながらその面影はなく、代謝の悪さを感じる日々です。

 生まれは大阪、育ちも大阪ですが19歳から関東で暮らしているために、標準語訛りの大阪弁へと変化を遂げてしまいました。お陰で帰阪した際に友人からは必ず「キモイで、その大阪弁。大阪を捨てたな!?」と厳しいお叱りを受けます。

 自分では普通に喋ってるつもりなんやけどなぁ……。

 なんて感じで時々大阪弁を交えながら(無理矢理!?笑)ブログ記事を書かせていただこうと思っています。

 大阪訛りを文字にすると何とも変な感覚の文章になってしまうこともありますが、宜しくお願いいたします。


村上博之・(有)リニアート
スポンサーサイト