FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


もう、第114号の創刊20周年記念読者プレゼントにはご応募いただきましたでしょうか?

以前にもご案内したとおり、協賛会社様のご協力により、全10社計13点の読者プレゼントを現在誌面でご案内しております。

すでに多くの読者の方から、ご応募いただいておりますが、あらためて、どんな商品がプレゼントになっているか、協賛会社様からのコメントと合わせて、ご紹介させていただきます。

①ツインビートPro 
伊藤超短波㈱
TBpro ブログ用X(クロス)で効く!「より深く・より広く」筋肉を鍛える”4極干渉”!
EMS(電気的筋肉刺激)は、一定の周波数の電気で筋肉を刺激することにより、筋肉を効率よく動かし、筋肉中でエネルギーを消費して高い運動効果が得られます。ツインビートProは、業務用EMSマシーンの原理に基づいて中周波の電流を採用しています。中周波を互いに干渉させることによって電流をEMSに変換。筋肉レベルでEMSが生じることにより、EMSがより広い範囲の筋肉をしっかり捉え、効率よく鍛えます。



②骨ナビ2.01 スタンダード版(ソフト) ③筋ナビ1.01(ソフト) ④DVDジュニアアスリートが最初に行いたい筋力&パワートレーニング  (有)ラウンドフラット

honenavi2.01_jacket ブログ用.jpgkinnavi1.01_jacketブログ用Junior_jacketブログ用
 「骨ナビ」は、人体骨格標本を丸ごとPCでみることができるようになっており、3DCGで前後左右、思いのままに動かして骨格や骨の部位を観察できる。頭部の骨完全分割、全身の骨触診動画を収録したバージョンアップ版。
 「筋ナビ」は、全身の骨格筋がCGで見て学習できるソフト。顔の表情筋から体幹・上肢・下肢まで全身149の骨格筋を精密な3DCGで紹介するソフトウエア。
 「DVDジュニアアスリートが最初に行いたい筋力&パワートレーニング」は、永友憲治氏(日本競輪学校教官)が指導する、ジュニアのときだからこそ、しっかりと身につけたい筋力トレーニングを紹介。約60分。


⑤ウルトラアンクルX ⑥マルチアクション・ニーラップ5 マクダビッドジャパン㈱

ウルトラアンクル ブログ用419XX ブログ用
 「ウルトラアンクルX」は、ドクターとアスレチックトレーナーによって共同開発されたアンクルブレイス。ハードな固定力と動きやすさを両立。
 「マルチアクション・ニーラップ5」は、膝関節とお皿周辺をしっかりガードするラップタイプのサポーター。


今日の紹介は6点です。引き続き、明日、その他の読者プレゼント商品のご案内をさせていただきます。

お楽しみに! (田口久美子)
スポンサーサイト



115号は、今月26日発売(25日が日曜なので)です。

現在、連載の編集は終わり、特集の大詰めです。中部学院大学の林典雄先生に膝を、東京医科歯科大学の八木茂典先生に肩、京都大学の建内宏重先生に股関節をテーマに機能解剖はじめ最新の知見から「そのエクササイズは正しいか?」と題して、取材した内容をまとめます。

テキストに書かれていることがいつまでも正しいとは限らない。新しい知見が出てくると、より正しいエクササイズあるいは、間違っていたエクササイズというものが出てきます。それらを膝、肩、股関節でみていきます。

図も多数収録します。お楽しみに!(清家輝文)