FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

引き続き、第114号で開催しています、創刊20周年記念読者プレゼントを引き続きご案内させていただきます。

⑦Posture Pro ㈱オンザフィールド
オンザフィールドのコピー
 Posture Proは、腰・背中の張りや悪い姿勢によって引き起こされる腰痛・背痛を緩和させるセルフマッサージ器具。











⑧BULL JUST-ON アスレティックテープ ㈱ザオバ
ザオバ ブログ用
 ザオバオリジナル商品。ホワイトテープ、フレックスドライ、アンダーラップの3種類のラインナップ。今回の読者プレゼントでは、綿素材を使い、湿気の多い日本にあった多孔性にすぐれたホワイトテープ38mm/32巻入り1ケースをプレゼント。







⑨DVD付改訂版クリニカルマッサージ
 ㈱医道の日本社
カバー03-4C ブログ用
 発売以来、ロングセラーを重ねる『クリニカルマッサージ』がこの度改訂になりました。
写真とイラストを重ねた、見やすい図版はそのままに、各筋肉に「触診(パルペーション)」の項目が加わりました。さらに、160分もの長編DVDも付属されています。
人体解剖学とマッサージテクニックがシンプルに解説され、同時に理解できること間違いなし。このわかりやすさ、必読です!







⑩フレックスクッション&DVDセット サンテプラス㈱
01_p01.jpg
 相撲の股割りをヒントに開発。からだの硬い人でも骨盤を立てて、股関節周囲を楽にストレッチすることができる。複数の日本代表チームやプロ野球5球団などでも使われているグッズ。DVDとセットでプレゼント。




⑪腰痛X(クロス)ベルトⅠ ㈱D&M
D-9000 男性後-斜め ブログ 腰痛X(クロス)ベルトはこんな方にオススメです!
腰椎と骨盤のゆがみからくる腰痛に
特長/
①樹脂プレート:背筋を適度に圧迫刺激して背骨を安定させます
②新素材ライト・メッシュ:滑り落ち防止加工をした特殊メッシュ素材を採用しているので装着時のズレを防止します。また、通気性に優れているので長時間の使用も快適です。
③滑車の原理:滑車の原理により通常の約半分(当社比)できるので腕の負担が軽くなります。

⑫エミューマッサージオイル携帯用100ml ㈱ライジング
エミューマッサージオイル 製品画像ブログ用
オーストラリアに生息するエミューという鳥の皮下脂肪から抽出された、オーストラリア産100%天然ボディケアオイル。多くのトップアスリートからも親しまれています。







⑬DVD 膝関節のスポーツ外傷の予防――ACL損傷予防プログラムの実際 ジャパンライム㈱
ME69-09.jpg
 スポーツ理学療法の分野で幅広く活躍中の浦辺幸夫氏(広島大学大学院保健学研究科教授)が指導・解説するDVD。「膝関節の構造とその外傷・障害」「ACL(膝前十字靱帯)の損傷とは」「ACL損傷が発生しやすい動作」そして10分間でできる損傷予防プログラムを紹介。バスケットボール、ハンドボールを取り上げてそれぞれ具体的なエクササイズを紹介しています。筋力・ジャンプ力養成にも役立つプログラムです。56分。


以上が、読者プレゼントの全プレゼント商品です。
応募方法は、第114号に出ておりますので、所定の内容をご記入のうえご応募下さい。

まだまだ、ご応募をお待ちしておりますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト



弊誌で投球障害の連載中の能勢先生や、超音波画像診断の連載執筆者の先生も講師を務める「神楽坂スポーツ医学セミナー」の案内です。ぜひ、ご参加ください。

■神楽坂スポーツ医学セミナー
テーマ:成長期の投球肘障害
期日: 平成21年12月12日(土、14:00~19:00)、13日(日、9:00~17:00)
場所: 東京厚生年金病院 会議室・リハビリ室(JR飯田橋駅、徒歩5分)
(東京都新宿区津久戸町3−1、電話03-3269-8111)
参加費(12月13日の昼食代を含む):
医師(参加ハンズオン3種類) 30,000円
コメディカル(参加ハンズオン2種類)20,000円
一般(参加ハンズオン1種類) 10,000円
ゲスト講師:岩瀬毅信(国立病院機構徳島病院整形外科)
講師: 柏口新二、三嶋真爾、岡田知佐子(東京厚生年金病院整形外科)
松浦哲也、鈴江直人(徳島大学病院整形外科)
能勢康史(プロサーブ コンディショニングコーチ)
石崎一穂(東京厚生年金病院検査部)
西尾 進(徳島大学病院超音波センター)
主催:東京厚生年金病院整形外科   
運営事務局: アスリード株式会社
共催:スポーツサポート機構野球共育塾
協力: (株)リバランス、(株)リンバテック、 (株)GE横河メディカルシステム

プログラム
12月12日(土)14:00~19:00
講義1「勝つチームづくりと障害予防」能勢康史
「子どもの身体特性と障害-成長痛と骨軟骨障害-」柏口新二
講義2「運動連鎖からみた障害治療」三嶋真爾
「運動連鎖からみた動作指導」能勢康史
講義3
「肘関節の解剖と骨化成熟過程」鈴江直人
「野球肘の診断 成長期と成人期の障害」岩瀬毅信

12月13日(日)9:00~17:00
講義4「画像検査の選択」松浦哲也
「内上顆障害と離断性骨軟骨炎の保存療法」松浦哲也
「離断性骨軟骨炎の手術治療 選択と意義」柏口新二
講義&実技5「子どもの問診と診察」岩瀬毅信
講義6
「エコー検査の原理と方法」 石崎一穂
ハンズオン1
「肘エコー検査」(医師・コメディカル)
ハンズオン2
「肘関節鏡」(医師)
ハンズオン3
「投球動作の見方と指導」(医師・コメディカル・一般)

申し込み
ウェブサイトの申し込みフォームから。