FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第60回東京肩を語る会

股関節鏡は肩関節鏡に景色がよく似ています。
操作は奥が深いため 股関節鏡の方が難易度が高い感がありますが、肩関節鏡を卓越したヒトはスムーズに 股関節鏡の手術ができると思います。

今回は病態と 股関節鏡の工夫、とくに股関節唇縫合術の手法、Pearl and Pitfallについてお話したいと思います。

肩関節を傷めるスポーツ選手は股関節が硬い場合や、傷んでいることがあります。

肩関節のスコピスト(関節鏡のスペシャリスト)で股関節に興味のあるかた。股関節痛の選手を診療しなければならない先生。
股関節痛で困っている方を一緒に勉強して、治しませんか?
*詳細は下記参照

内田宗志
産業医科大学整形外科 スポーツ関節鏡グループ
日本体育協会公認スポーツドクター




東京肩を語る会 (代表世話人 松戸病院整形外科 三笠元彦先生)

開催場所:エーザイ株式会社 別館 (地下鉄丸の内線 茗荷谷駅前)K406号 会議室

日時:10月26日月曜日、19:00~20:30     
    私の講演は 19:50~20:30を予定しております。

内容:
講演1「鎖骨骨折の治療」森石丈二先生(船橋整形外科 部長) 

講演2「アスリート股関節痛femoroacetabular impingement (股関節インピンジメント) に対する股関節鏡視下手術」 内田宗志(産業医科大学整形外科)
スポンサーサイト