FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

次号116号の特集は「物理療法」をテーマに考えています。内容については、現在企画中ですので、また改めて。

医療機関でも家庭でも、物理療法機器はよく使用されていますが、その全体と新しい世界について、紹介できればと現在調査中です。

出版界は年末にかけていつも以上に多忙になります。「年内仕上げ」というものがいくつも重なります。印刷は暮れから正月にかけてお休みになりますから、年明け早々から動き出すものについては、年内に印刷・製本を終了しておかなければならず、どこもそういうものをたくさん抱えていますから、印刷も混んでくるというわけです。

次のピークは「年度内」というもの。毎年11月から12月、そして3月はたいへんになります。とくに出版界に関してではなく、どこもそうでしょうが、みなさん、新型インフルエンザのこともあります。日々健康には留意しましょう。(清家輝文)
スポンサーサイト