FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第31回子どものからだと心・全国研究会議が、下記の日程で開催されます。
毎年、この全国研究会議で報告される、『子どものからだと心白書2009』も現在、編集の真っ只中です。
会場となる、日本体育大学世田谷キャンパスは、世田谷キャンパスの再開発によって、新しくなった校舎での開催です。

子どものからだと心に関心がある方、どなたでも気軽に参加できる会です。
是非ご参加ください。

第31回子どものからだと心・全国研究会議

日程/12月12日(土)~13日(日)

会場/日本体育大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区深沢7-1-1)

時間/12日:午前9時(受付)~午後5時30分、懇親会:午後6時~8時
     13日:午前9時30分~午後4時

内容/指定報告:「子どものからだと心白書2009」
               野井真吾(『子どものからだと心白書』編集委員長、埼玉大学准教授)
    一般報告:ポスター発表
    特別講演:「チンパンジーの発達からみた子どものからだと心」
               友永雅己(京都大学霊長類研究所准教授)
    研究協議:「実感とデータに基づく“いきいき”実践の創造」

参加費/2日間:会員6,000円、一般9,000円、学生・院生3,000円
      1日のみ:会員4,000円、一般6,000円、学生・院生2,000円
      (白書代含む)
      懇親会費:4,000円、学生・院生2,000円

申し込み締切/11月27日(金)

問い合わせ/日本体育大学学校体育研究室内
         第31回子どものからだと心・全国研究会議事務局
         TEL&FAX:03-5706-0967
         E-mail:a.yamamoto@caritas-els.com
スポンサーサイト



11月3日、文化の日、東大で公開シンポジウム「身体サミット」が開催されます。

跡見順子(東京大学名誉教授)、安田登(能楽師 ロルファー)、河野智聖(武術家 体運動研究家)の3先生による鼎談を含め、興味深いサミットです。入場無料ですので、ぜひご参加ください。


■身体サミット (からだサミット)~生命の構造を読み解く~

日時/11月3日(文化の日)
   第1部:13時~ 第2部:15時~
会場/東京大学~武田先端知ホール~             
    東京大学 本郷キャンパス 工学部 武田先端知ビル(5階ホール)

詳細はこのサイトで。(清家輝文)