FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

昨日は、伊藤超短波株式会社を訪れ、物理療法について取材してきました。その後、東工大でアスリートのためのライフスキルプログラム研究会のプログラム開発班の会合。

写真は、伊藤超短波のフロアに展示されている古い物理療法の機器類のコーナー。創業93年という歴史ある社らしい展示です。
伊藤

物理療法自体は古くから用いられていましたが、機械ができてからの歴史はまだそう古くはありません。しかし、大いなる可能性を感じます。詳細は特集で。(清家輝文)
スポンサーサイト