FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

先週末、神戸で日本臨床スポーツ医学会学術集会がありましたが、そこから帰ってきた先生が、「もっと早くこのブログ見ておくべきだった」と。なぜかと言うと「せっかく神戸に行ったんだから、「もも家」に行きたかった」とのこと。

惜しいなあ。それは惜しい。もったいないことをしましたね(笑)。

ということで、みなさん神戸に行ったときはぜひ「もも家」さんに寄ってください。毎月1日、フードレシピを書いていただいていますが、このお店は、とくに注文しません。メニューもなかったと思います。お酒は日本酒、焼酎、ワイン、ビール、いろいろな銘柄があります。とくに日本酒と焼酎はいいものが揃っています。お酒は自分で選ぶか、おすすめをいただけばよいと思います。お料理は、「こんなんありますけど、食べはりますか?」と聞かれ、「いいですね。ぜひ」というような感じで、お任せです。お味は保証します。

わたしが行くときは、なぜかいろいろな人が来て、すぐにお友だちになってしまいます。そんな感じのお店ですので、気楽に寄ってみてください。おひとりでも全然OK。わたしも取材後ひとりで行くことがけっこうあります。お値段はどれだけお酒をのむかで違ってきますが、そんなに高くはありません。

月刊スポーツメディスンのブログをみてきたと言うと、おまけがあるかも(期待しないでね)。

場所は、阪急三宮駅の北、あるいてすぐです。ちょっと入り組んでいるのでわかりにくいかもしれませんが、2階です。所在地は、「もも家」さんのコラムの最後に記してあります。ただし、日曜日はお休みです。(清家輝文)
スポンサーサイト



104号から115号まで続きました連載「スポーツに役立てる超音波画像診断」が単行本になります。

全ページカラー印刷にし、画像診断の基礎技術を巻末に付します。価格は3000円(税抜き)を予定しています。

現在、2段組にレイアウトしなおし、各先生に校正していただいています。より見やすくなり、医療現場、スポーツ現場における超音波画像診断に際して、大いに参考にしていただける内容だと思います。

急速に普及する超音波画像診断ですが、関連図書がほとんどなかったのが現状です。超音波画像診断に興味のある方、今後導入をお考えの方、すでに使用されている方、ぜひお求めください。

年内刊行を目指して頑張っています。よろしくお願いします。(清家輝文)