FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

116号、本日発売で、お申込いただいている方には本日発送しました。

ウエブサイトにはまだ掲載されていませんが、たぶん明日には掲載されると思います。

特集はかねてお知らせのとおり以下の内容になります(敬称略)。

■特集 もっと使える物理療法-スポーツ、医療、家庭に広がる電気、超音波などの活用-
1 スポーツ現場で用いられている物理療法とその可能性
  宮崎誠司・東海大学体育学部、整形外科医
2 スポーツ選手によくみられる機能不全への物理療法アプローチ
  玉置龍也・横浜市スポーツ医科学センター、理学療法士
3 物理療法機器の可能性-どんな機器がどのように用いられてきたか、歴史と今後

Trainer's Voice 自転車ロードレース選手への物理療法
  中野喜文・Liauigasサイクルチーム、マッサージャー
Special Report 物理療法のニューフェース紹介

スポーツ・運動に対する物理療法について以上のようにまとめてみました。あまり類をみない企画だと思います。みなさん、くれぐれもよろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト



下記のとおり、日本ダンス医科学研究会の第1回が開催されます。

■第1回日本ダンス医科学研究会
1st Annual meeting of Japanese Association for Dance Medicine and Science (JADMS)
開催日時:2010.1.30 (土)13:00〜17:00
開催場所:国立スポーツ科学センター研修室
参加費:非学生4000円、学生1000円
学生の方は学生証をご持参ください

○プログラム
•基調講演1「ダンサーが抱える健康問題」
蘆田ひろみ(有馬医院院長)
•基調講演2「ダンサーの足の傷害」
平石英一(永寿病院整形外科医長)
•実践報告「実践を通じたダンス医科学への提言~ダンサーからボディコンディショニングインストラクターの経験を通じて~」
橋本佳子、ダレン•ヒンドリー(ボディワークス)
•学術報告「国際ダンス医科学会から学ぶ」
水村(久埜)真由美(お茶の水女子大学)
•パネルディスカッション「日本におけるダンス医科学のこれから」

資料作成などの都合により、参加希望の方は事前に下記連絡先までメールあるいはファックスにてご連絡ください。メールの場合は、件名を日本ダンス医科学研究会参加、ファックスの場合は、日本ダンス医科学研究会宛でお願い致します。会の詳細についてはお茶大水村研究室のHPにて更新する予定です。
問い合わせ先:(メール)jadms_info:dancesci.com(:を@に換えて入力)、(ファックス)03-5978-5272

<会場アクセス>
●都営地下鉄三田線
本蓮沼駅下車徒歩10分
●JR埼京線・京浜東北線・宇都宮線・高崎線
赤羽駅下車、赤羽駅西口よりバス
・4番乗場「池袋」行・「日大病院」行
国立西が丘競技場北門下車徒歩5分
・5番乗場「トンネル経由 赤羽車庫」行き
国立西が丘競技場下車徒歩3分

第1回FIBAアジアU16女子バスケットボール選手権大会

横浜も急に寒くなり先週は今シーズン初めて床暖房のスイッチを入れました。シャコバサボテンのつぼみも大きくなってきたので室内に移動。今年は挿し葉をして増殖させたので鉢も二つに増え存在感も2倍にアップ。これが咲いたときのキレイさも2倍にアップしそう。でも、26日から約2週間、インドへ遠征に行くので開花第一号は見られない(涙)

さて、なぜインドかというと、「第1回FIBAアジアU16女子バスケットボール選手権大会」がインドのプネーで開催されるから。

この大会で優勝すれば記念すべき第1回目の優勝チームとして名を残すことになるし、2位以上に入ると来年の世界選手権に出場することができる。もちろん、この年代の世界選手権開催も初めてのことなので第1回目の大会出場国として名を残すことになり、メダルを獲得すればこれはかなりすごい。

U16の選手はほとんどが高校1年生。私が同じ歳の頃、日本代表として世界で戦うなんてことはこれっぽっちも考えていなかった。海外旅行すらいつの頃やら……という感じだったのに、彼女たちは日の丸を背負って異国の地で戦うのである。

日の丸の重みはいかほどか、いや、重みなど感じていないかも、重みを感じる余裕がないかも、いやいや、彼女たちは一身にその重みを受け止めているかも。実際に考えたり感じたりしているけれど、まだ考え方や感じ方が幼い。まだまだじっくり考えることもできないし、感じたことを言葉で伝えることも苦手、経験も少ないから大人たちからみたら足らなく思える。でも、これは大人になってもできない人はできないから今から訓練しようね、という感じ。

11/30から大会が始まります。彼女たちの成長過程を応援してください!→このサイト


ところで、我が家の水槽には2週間前からミナミヌマエビが生息している。3匹のうち1匹のお腹が茶色い。何?とよく見たらたくさんのタマゴを抱いている。めっちゃ感動!!!プツプツからめっちゃちっちゃいエビが出てきちゃうんじゃない?!すっごいコーフンする!!!!!!!ピンボケですがご覧ください。
エビ


津田清美・日本体育協会公認アスレティックトレーナー