FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

昨日、群馬スポーツサイエンス研究会に招かれ、「雑誌編集からみるスポーツ」というタイトルでお話しさせていただいた。

会長は整形外科医の新井圭三先生。前の会長が山西哲郎先生。山西先生もいらっしゃり、「おひさしぶりです」とご挨拶。名刺をいただくと、立正大学の教授。群馬大学は定年退官されたとのこと。

私の話はたいした内容ではないが、これまでの雑誌編集経験と、そこから現在考えているスポーツの役割などを話した。ライフスキルについても話し、「徳」という概念を考えてみた。

「スポーツの話で徳という言葉をはじめて聞いた」と言っていただいたが、戦後、どうしても「徳」は「道徳」を想起させ、本来「道徳」はよい言葉なのだが、敬遠される傾向がある。

体育とスポーツは同じか違うか。そういう話もした。これも曖昧になってきたが、スポーツのほうが「新しい」と受け止められているかもしれない。びわこ成蹊スポーツ大学は、初めて「スポーツ」を大学名に入れたところだが、英語表記ではSportsを用いているところは、日体大や鹿屋体育大学がある。

日本体育協会の英語表記はJapan Sports Associationで、Japanのあとに以前はAmateureの文字が入っていた。ということは体育=スポーツということになるか。北川薫先生(中京大学学長)は体育の科学の最新号で、英語圏の人や中国の人に聞いたところ、体育とスポーツは同じだという意見だったというようなことを記されている。

群馬スポーツサイエンス研究会は15年の歴史があるそうだ。しかし、当初の活発な状況に比べると、現在は少し低迷気味のよう。これはスポーツ医科学に関連する研究会、協議会等ではかなり一般的かもしれない。もちろん、現在も活発な活動をされているところも少なくないが、全体的傾向として、20年30年前に比べると、活気という点では、多くが同じような問題に直面しているようだ。

加えて、不況や少子化、高齢化などの問題があり、楽な運営をしているところのほうが少ないだろうと思われる。

かねて、スポーツへの社会的要求は大きいが、スポーツ側が応えきれていないと思ってきた。すぐに解決策があるわけではないが、こうした機会を積み重ねることで、新しい時代を見据える目ができてくるのではないかと思う。

いずれにせよ、多くの人と多くの場で話し合う必要があると思う。昨夜は群馬での懇親会で、お酒をのみつつ楽しく、意義ある時間をすごさせていただいた。御礼申し上げます。(清家輝文)

スポンサーサイト



インド到着

 今回はインドからお送りします。今の世の中はとっても便利になり、インドにいても携帯を使ったメールや電話も簡単。で、気になるのは通信料。海外では大幅にアップするので、大人たちは気にして使っているのに、選手は
「昨日50分も電話しちゃいました。いくらかかりますか?」
「前回は3万、今回は5万くらいかなぁ」

 そーなんだ・・・私が海外遠征に出るようになった頃は携帯電話はなく、日本との通信は厄介な国際電話とFAXくらい。日本はどーなってんのかな?と思いつつも日本とは離れた生活をしていて、何となく開放感みたいなものを感じていたけれど、それも今は昔。

DVC00259.jpg U16女子バスケ代表が日本を出てから4日。ここはプネ。インドで5番目に大きい都市とのこと。日本との時差は3.5時間。当初は「スポーツコンプレックス」という国営の施設内のホステルに宿泊したけれど、ここで予想外の生活を体験。

 一日に何度も停電。そして断水。なぜ断水になるのか定かな理由はわからないけれど、練習が終わって選手が6部屋でシャワーを使い始めると徐々に水量が落ち、毎回最後に一人か二人はシャワーをしそこなう。シャンプーの途中で終了なんてこともあり。もちろんトイレもダメ。現地通訳さん曰く、こっちの人は水が出るときにバケツに水を溜めておいて水桶で汲みながら使うんだそうだ。早速選手たちもそれを実施。蛇口を捻って水が出ると大忙し。

 「すごい勢い!!」と感動しながらバケツやらペットボトルやらに水を溜め込む。そんなところなので「H」と書かれた蛇口を捻ってもお湯は出ない。電気ポットでお湯を沸かしてバケツに入れて行水をしたりと工夫し、「こんな生活、日本じゃできないですよね。楽しい!」いいね。その前向きな姿勢。

DVC00261.jpg とは言いつつも、この時点で日本しか選手村入りしていなかったので、これ以上チームが増えたら生活は無理だし。ということで、選手村はマリオットホテルに変更。ホステル生活はあれはあれでいい経験だったけれど、今は「ホステルに戻すぞ」と言われるといっせいに顔を背ける選手たちでした。

 今日から大会が始まります。応援よろしくお願いします。

 たくさんの荷物を持って移動します。個人の荷物とチーム荷物(主に食料)で合計50個。

 最初に泊まったホステルの食堂。インドっぽさ満載でした。


津田清美・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
『第6回順天堂大学スポーツ健康科学部国際シンポジウム――トップアスリートの育成』が、下記の内容で開催されます。
海外の一流指導者のお話も聞けるチャンスです。
ご興味のある方は是非、ご参加ください。



日程/2010年1月16日(土)

時間/受付:午前9時30分~10時、午前10時~午後5時
    懇親会:午後5時10分~6時30分

会場/順天堂大学さくらキャンパス 11・12番教室

内容/基調講演①「中国体操、北京までの道のり――その強さの秘密」  
     演者:高 健(元 中国体操協会会長)
    
    一般研究発表 ポスター発表形式
   
    基調講演②「アメリカバレー界におけるオリンピックでのメダル獲得の組織づくり・環境づくり」
     演者:ダグ・ビル(元 アメリカ男子ナショナルチーム監督・アメリカバレーボール協会会長)

    シンポジウム「コーチングの現場から」  
        (1)日本柔道のメンタルサポート
             船越正康(大阪教育大学名誉教授)
        (2)男子短距離育成システム(師質相承)の検証
             宮川千秋(東海大学教授)
        (3)アメリカ女子代表チームと全日本女子チームにおける育成方法の違いについて
             川北 元(全日本女子バレーボールアシスタントコーチ)
        (4)ハンガリーにおけるコーチ養成システム
             Radak Zsoit(ハンガリー、ゼンメルヴァイス大学教授、副学部長)   

参加費/無料

問い合わせ/順天堂大学スポーツ健康科学部