FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第16回 SAQシンポジウム開催のお知らせが届きましたので、ご紹介します。


第16回 SAQシンポジウム――フュージョン〈融合〉

開催日/平成22年1月23・24日(土・日)

時間/1日目/9:30~17:00(賀詞交歓会/17:20~19:00)
    2日目/9:00~15:00

会場/埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビルB1F

内容/SAQシンポジウムは、日本SAQ協会が主催する日本最大級のスポーツセミナーです。SAQトレーニングは、競技を問わず必要とされる基礎的な技術です。SAQトレーニングが現場でどのように使われているのかを掘り下げ、その実用性と、効果を紹介するのが今回のシンポジウムの目的です。

講師/ドナルド・チュー(Athercare取締役/元NSCA会長)
   平岩 時雄(パーソナルトレーニングコーチ)
   土斐崎 浩一(FC東京トップチーム フィジカルコーチ)
   林 成之(日本大学大学院総合科学研究科)
   松尾 彰文(国立スポーツ科学センター副主任研究員)
   スコット・フェルプス(スピードクエスト社代表)
   原田 康弘(日本SAQ協会レベル3マスター)

受講料/一般  1日:10,000円、2日間:18,000円
    SAQ会員 1日: 8,000円、2日間:15,000円
    学生   1日: 7,000円、2日間:13,000円(学生証のコピーと申込書)
※現在、NSCAジャパンと全米アスレティックトレーナー協会へ継続単位プロバイダー認定の申請中です。プロバイダーとして認定された際は当協会ホームページにてお知らせいたします。

定員:400名(要予約)

申し込み・問い合わせ先/
特定非営利活動法人 日本SAQ協会(NISAQ)
〒360-0024 埼玉県熊谷市問屋町4-2-2クレーマージャパン内
TEL:048ー529ー3251
FAX:048ー529ー3252
E-mail: info@nisaq.com
スポンサーサイト