FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


下記、開催案内をいただきましたので、掲載します。

■第34回アスリートのためのキャリア・トランジション無料勉強会
・開催日
平成22年1月22日(金)
・時間
18:30~20:00まで
・会場(開催地の都道府県、市区町村)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-1
エスポートミズノ 8F

・内容を簡単に
2004年から続いているアスリートのキャリアを考える勉強会。
現役中に何を考えると完全燃焼ができるか、
引退時には何を考えると次のキャリアを見つけられるか、
引退後はどんな心理問題を抱えるか、など、
ソウル五輪シンクロデュエット銅メダリストで
現在はメンタルトレーナーの田中ウルヴェ京と
元JリーガーでJリーグ勤務の重野弘三郎が共同主宰し、
毎回様々なゲストを呼んで参加者とともに考えていく勉強会です。
詳細はこのサイト参照。

・講師
ゲスト:水野 正人(みずの まさと)氏
    ミズノ株式会社 代表取締役会長
ナビゲータ:田中ウルヴェ京、重野弘三郎
・受講料:無料
・予約の必要・不要
必要
・定員
40名
・申し込み先(問い合わせ先)
会社名(組織名) 株式会社MJコンテス
アスリートのためのキャリア・トランジション勉強会事務局

TEL:03-3447-2890
FAX:03-3447-2893
メールアドレス:info@careertransition-japan.org
ウェブサイトアドレス→上記赤の「サイト」から入れます。

スポンサーサイト



コアパフォーマンス・トレーニングのセミナーが開催されます。
以下に紹介します。


コアパフォーマンス・トレーニング
~すべての核(コア)はパフォーマンスにある!~


■イントロダクションセミナー

会期/12月13日(日曜日)

時間/午後1時~3時30分

場所/ADSSスタジオ(〒141-0001 東京都品川区北品川6-7-22 )

内容/「コア」をキーワードに数々の情報を耳にすることが増えてきましたが 
 その定義はあいまいな部分も多く混乱してしまっている方も多いのではないでしょ
うか。
 改めて「コア」とは何か、なぜ「コア」なのか、これについて今までにないコアパフォーマンスの基本である「ピラー」という概念を伝えながら「コア」の理解を深める初級セミナー

受講料/3,150円
 
■メンターシッププログラム(3日間)

会期/12月25日(金曜日)~27日(日曜日)

時間/午前10時~午後5時  

場所/ADSSスタジオ(〒141-0001 東京都品川区北品川6-7-22 )

内容/遠方の方は必見です。3日間でコアパフォーマンス・トレーニングの全貌を学べます。
 今までにないコアパフォーマンスの基本である「ピラー」という概念を踏まえ、「コア」の理解を深め、「ピラー」を「動きの原動力」として7つのユニットに分割したコアワークアウトをすべて行えるように実践します。
 さらにピラーを用いて機能的な動き(ファンクショナルムーブメント)からホリスティック(全体的・統合的に対応できる)にまで発展させ、すべての人の身体パフォーマンスを最大限に向上させられるような 「パフォーマンスコーチ」として指導ができることを目指したプロフェッショナル
セミナー

受講料/一般84,000円 学生73,500円 集中セミナー受講者67,200円
 
セミナー問い合わせ/株式会社スポーツプログラムス


※コアパフォーマンス・トレーニングとは、アメリカから入ってきた単なる体幹トレーニングのハウツーものではなく、スポーツや毎日の生活をよりよく「演じられる(パフォーマンス)」ための「核となる土台」を「コア」と定義し、これを身につけていこうという強い信念に基づいて考えられたトータル的なサポートシステムです。

私たちは【ライフスタイル】として定着できるための「コア」を提案します。
これこそが「コアパフォーマンス・トレーニング」であると考えております。
電車通勤していて駅の構内でこういうポスターを発見した。
DVC00067.jpg

医学と芸術展。東京の森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)ですでに始まっている。来年の2月28日まで。副題で「生命(いのち)と愛の未来を探る-ダ・ヴィンチ、応挙、デミアン・ハースト-」とある。

会期内に一度行ってきましょう。また報告します。(清家輝文)